光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

フジクラが、アヴネットと5Gミリ波評価/開発システムの開発および販売で提携

モバイル/無線 無料

 フジクラは6月15日、世界最大級のエレクトロニクス技術商社であるアヴネットと、最先端の5G NR FR2ミリ波周波数帯向け評価/開発プラットフォームの開発および販売で提携したと発表した。

 同プラットフォームは、AMD XilinxのZynq UltraScale+RFSoC Gen3と、フジクラのフェーズド・アレイ・アンテナ・モジュール(PAAM)で構成され、アヴネットのRFSoC Explorerソフトウェアにより制御されます。フジクラは「これら最先端のコンポーネントとソフトウェアの組み合わせは、高度な5Gミリ波システム開発とプロトタイプ設計を容易にし、お客様が迅速に5G基地局プロトタイプを作成することを実現する」としている。
 
 同プラットフォームの主な特長として、使いやすさで定評のあるアヴネットのRFSoC Explorer MATLABアプリケーションを使用することにより、アンテナからデジタルに至るまでのシステム全体の制御を、さらにはミリ波ビームフォーミングアプリケーションの実装とテストをHDL(ハードウェア記述言語)やソフトウェアコーディングなしに迅速に行うことを可能としている点が挙げられる。
 アヴネットのプロダクト&新技術担当バイスプレジデントであるJim Beneke氏は「特に産業・通信分野において、より広帯域のアプリケーションが5Gミリ波通信のニーズを牽引し、マーケットが拡大している。フジクラ、AMD Xilinx、MATLABとの協業を通じて、私たちは新たなソリューションの組み合わせを提供する。お客様はこのソリューションを用いることで、エンジニアリングに要する時間を短縮し、5Gマーケットに素早く参入することができる」とコメントを出している。

 フジクラのPAAMは、アレイ・アンテナ、ビームフォーミングIC、周波数変換ICおよびフィルターを高度に集積したモジュールであり、3GPPバンドであるn257(28GHz帯)、n258(26GHz帯)、およびn261(27GHz帯)の各周波数帯で動作する。高度に統合したモジュールを提供するというフジクラ独自のアプローチにより、5Gミリ波基地局に求められる最適な構造、性能、消費電力、総所有コスト(TCO)を実現しており、5Gミリ波インフラを構築されるお客様のシステム開発時間の短縮にも大きく貢献することができる。
 フジクラ 電子応用技術R&Dセンターのセンター長である西出研二氏は「当社は5Gミリ波技術の開発にコミットしている。この技術は、固定無線アクセス (FWA) やモバイルブロードバンド、さらにはスタジアムやショッピングモール等の屋内会場における高密度カバレッジといった様々な使用環境へのアプリケーションを通じて、お客様に5G通信の大きな価値を提供することができる。技術流通の世界的リーダーであるアヴネットとの協業により、フジクラの革新的なPAAMソリューションを世界中のお客様にお届けできることを嬉しく思っている」とコメントを出している。

関連記事