光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

医療分野や環境計測分野など向けに、近・中赤外帯の光スペクトラムアナライザ「AQ6375E」と「AQ6376E」を発売【横河計測】

DX/IoT/AI 無料

 横河計測は7月28日、近赤外から中赤外の光スペクトルを高精度に測定でき、かつ従来製品より操作性を飛躍的に向上させた光スペクトラムアナライザ「AQ6375E」、「AQ6376E」を開発したと発表した。7月29日に発売する。
 主な対象ユーザは、医療分野や環境計測分野などの大学・研究機関および光半導体デバイスメーカ、光モジュールメーカなど。用途は、半導体レーザ、ファイバレーザや広帯域光源の発光スペクトル評価FBGなどの光フィルタの波長透過特性測定。

 「AQ6375E」および「AQ6376E」は、分散分光方式を採用した業界唯一のベンチトップ型光スペクトラムアナライザ。「AQ6375E」は近赤外1.0~2.5 µm、「AQ6376E」は中赤外1.5~3.4 µmの測定向けにそれぞれ最適な設計がなされており、半導体レーザやファイバレーザなど、光デバイスの光波長成分を分解し、波長特性を評価するために使用できる。
 これにより、二酸化炭素やメタンガスなどの濃度測定が必要な環境計測分野、血糖値を算出するために血中グルコースや血中コレステロールの濃度測定が必要なヘルスケアおよび医療分野などの近・中赤外光デバイスの開発や性能向上に貢献する。

開発の背景

 近年、地球環境問題への社会的関心の高まりから、温室効果ガスや有毒ガスを削減する取り組みが本格化している。環境計測分野では、温室効果ガスの濃度を測定するセンサ技術として、レーザ吸収分光法の開発が拡大している。
 また、ヘルスケアや医療分野においては、身体を傷つけずにレーザ技術を用いて血中グルコースや血中コレステロールを測定する、ヘルスモニタリング用センサや、光を使った身体の断層構造の撮影(OCT)に関する技術開発が進められている。
 温室効果ガスの濃度測定やヘルスケアモニタリング用のセンサを開発するには、測定対象の吸収波長に合った波長2 µm帯や3 µm帯の高性能なレーザが不可欠であり、高精度にレーザ光を測定でき、高い波長分解能で広い測定ダイナミックレンジの光スペクトラムアナライザが求められている。また、OCTの技術開発には約1~2.4μmと幅広い範囲を一括測定できる光スペクトラムアナライザが必要とされている。

新製品の特長

3種のラインアップで多様なニーズに対応 (AQ6375E)
 「AQ6375E」は、測定波長範囲1.2~2.4 µmの「標準モデル」と、測定波長範囲1.0~2.5 µmの「波長拡大モデル」、生産ラインでの使用に適した「リミテッドモデル」の3種を開発した。波長拡大モデルはOCTなどで使用される2 µm帯SC(Super Continuum)光源の光スペクトル測定に最適なものとなる。

業界最高クラスのダイナミックレンジ
 「AQ6375E」および「AQ6376E」の測定ダイナミックレンジは、干渉計型光スペクトル測定器と比較して約1万倍の広さに相当する80dB以上を実現し、近傍ダイナミックレンジは、約300倍に相当する55dBを実現した。これにより、半導体レーザのサイドモード特性の測定に十分な性能を実現した。ともに業界最高クラスの性能。

操作性の向上
 マルチタッチ対応の静電容量式タッチパネルを搭載した10.4型LCDディスプレイにより、直感的な操作がさらに容易になった。タブレット端末を操作しているかのような感覚で、全ての操作を行うことができる。また、測定条件設定から解析結果出力までの一連の操作をナビゲートする測定対象固有のテストアプリケーションソフトウェアを提供。これによりユーザは光スペクトラムアナライザの細かな設定を容易に行える。

AQ6375E


AQ6376E

関連記事

SpecialReport

有料 新たな価値の創出に向けてNTTが研究する、既設の光ファイバ網を活用した低コストかつ高度な環境モニタリング【1】

 全国に張り巡らされた既設光ファイバ網をセンサとして活用し、取得・収集した面的なセンシングデータをAI解析により環境データに変換し、社会・地域課題の解決に資する新たな価値の創出をめざす「光ファイバ環境モニ…
更新

続きを見る