光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ノキアが、日本市場向け産業用5Gフィールドルータを発売。プライベートワイヤレスによる日本のデジタル・トランスフォーメーションを加速

DX/IoT/AI 無料

 ノキアは8 月 31 日(エスポー)、日本のローカル周波数帯に対応し、日本市場向けに認定された産業用 5G フィールドルータを発売し、堅牢性に優れた産業向けデバイスのシリーズを拡大すると発表した。
 同社は「このフィールドルータにより、国内の資産集約型の企業は、車両と機器を接続し、運用データを使用して、これまでにない機敏性と生産性を得られるようになる。港湾、製造業者、エネルギー、輸送、倉庫、物流業界の企 業は、運用の柔軟性を高めることで利益を得て、急速に変化する市場ニーズに対応することができる」と説明している。

 プライベート 5G ワイヤレス・ネットワークにより、企業は、最も信頼性が高く安全な方法で、遅延を最小限に抑えて、センサ、マシン、作業者をつなげることができる。これにより、リアルタイムでオペレーショナル・テクノロジー(OT)にアクセスし、魅力のあるインダストリー4.0 のユースケースを活用して生産性、効率性、俊敏性を向上させることが可能だ。
 具体的には、ロボットや車両の自動化を大規模に実現し、運用データとアナリティクスを組み合わせてメンテナンスの予測を可能にすることや、データと人工知能を組み合わせて運用環境のデジタルツインを構築することで、メンテナンスや計画を強化できる。

 機械、システム、車両、センサは、ノキアの産業用プライベート・ワイヤレス・ルータを介してローカルのプライベート・ ワイヤレス・ネットワークに接続できる。ワイヤレス・ネットワークの接続に加えて、ルータのトンネリング機能により、 PROFINET、EtherCAT、Modbus、または OPC Unified Architecture (OPC UA) などの産業用通信プロトコル間で必要となる相互運用も可能になる。
 ノキアの産業用プライベート・ワイヤレス・ルータは、屋内外の厳しい環境に対応するIP67の保護等級と防振設計により、鉱山周辺の荒れた地形を横断する自律走行トラックや港湾で貨物を運搬するストラドルキャリアの通信接続を維持する。この通信の常時接続は、生産性だけで なく、機器を瞬時に停止させる安全性にも不可欠な要素だ。

 日本市場向けの産業用5Gフィールドルータの追加により、ノキアは産業用プライベート・ワイヤレス・ソリューションのアクセスポイントのポートフォリオを、拡大し続けている。日本の企業は、最近リリースされた5G n79周波数帯域またはローカルネットワーク用のその他の利用可能な4.9 G/LTE周波数帯域を使用して、専用のカバレッジと容量を活用することができる。

 ノキアの APJ エンタープライズ・プライベート・ワイヤレス・キャンパスの責任者であるドニー・ヤンセンス氏は「産業のデジタル化には、機器や機械の高い信頼性と、安全で広範な接続性が不可欠であり、これにより企業はエンド・ツー・エンドで業務のネットワークを構築することができる。ノキアはこれを最も直感的な方法で行い、日本企業の変革の加速をサポートしている。お客様は、5Gおよび4.9G/LTEのプライベート・ワイヤレス・ネットワークで動作する堅牢なフィールドルータの機能を、最近リニューアルした東京のアドバンスト・テクノロジー・センターで体験できる」とコメントを出している。

関連記事

DX/IoT/AI

無料 ローカル5G等の協業を更に発展強化するため、セカンドサイトアナリティカの株式追加取得【エクシオグループ】

 エクシオグループは、資本業務提携先であるセカンドサイトアナリティカの株式を追加取得する契約(以下:本株式取得)を8月10日付で締結した。  エクシオグループは、セカンドサイトアナリティカの発行済議決権対象株式340,0…

更新

続きを見る