光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

「Security Days Fall 2022」10月4日~7日に東京、10月13日に大阪でリアル開催

テレコム 無料

総務省、経済産業省、IPA、日本ハッカー協会などが登壇、DXの加速やテレワーク化で再検証必須のセキュリティ最新動向を解説

 10月4日(火)~10月7日(金)に東京、10月13日(木)に大阪で、情報セキュリティに関する専門イベント「Security Days Fall 2022」が開催される。(主催:株式会社ナノオプト・メディア)

 同カンファレンスは、すべてのサイバーセキュリティ関連情報を網羅して紹介し、その最新の対策を共有する場として、2013年から規模を年々拡大しながら開催してきた。

 2022年も、セキュリティに関する事件・事故が跡を絶たない。ランサムウェアの被害報告も度々話題となり、サプライチェーンのセキュリティが脆弱な部分を狙ったサイバー攻撃も増加している。一方で、ゼロトラストへの注目に代表されるように、DX推進に伴って進むクラウドシフトやテレワークへの移行によって、従来のセキュリティの考え方にも大きな変化が求められる時代となっている。

 このような背景を踏まえ、Security Days Fall 2022では、日々巧妙・悪質化するサイバー攻撃の動向や対策、そして変化する環境に対応したセキュリティの考え方についての情報を、最新のインシデント情報の共有なども含めて紹介する。
 東京は4日間で講演87と展示39ブース、大阪は単日開催で講演15と展示8ブースと
なっている。
 なお、いずれも今回はリアルイベントのみの開催となり、開催当日のライブ配信や会期後のオンデマンド配信は予定していない。

 事務局は「今回のSecurity Daysでは、総務省、経済産業省、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)日本銀行、情報処理推進機構、日本ハッカー協会などが登壇し、最新の脅威動向と対策を共有する」としている。

公式サイト

イベント紹介動画(YouTube)

◎特別インタビュー企画:会期直前インタビュー

タイムテーブル(東京)

展示ブース(東京)

タイムテーブル(大阪)

展示ブース(大阪)

Security Days Fall 2022 開催概要

■東京
会期:2022年10月4日(火)-7日(金)<4日間開催> [セッション] 9:00-18:00 [展示] 10:30-17:20
会場:JPタワーホール&カンファレンス(KITTE 4F)

■大阪
会期:2022年10月13日(木) [セッション] 10:00-18:00 [展示] 10:40-17:20
会場:ナレッジキャピタル カンファレンスルーム(グランフロント大阪 北館 タワーC 8F)