光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

CATV業界のローカル5G活用と地域DXの推進【6:となみ衛星通信テレビ】

特集 有料

 となみ衛星通信テレビは、富山県の砺波市、南砺市、小矢部市をカバーし、約43,000世帯にCATVサービスを提供している。同社は従来から様々な方式の通信ネットワーク(CATV固定光回線、LPWA、4G地域BWA、Wi-Fi、MVNO等)を用いて地域の社会課題解決に取り組んできた企業だ。となみ衛星通信テレビ 業務部 技術課長の小林秀史氏は「ローカル5Gは非常に高いポテンシャルを持っていると実感している。12月1日には弊社社屋の屋上にアンテナを設置し、NSA方式で電波を発射した。現在は電波の到達距離といったエリア調査や、4Kカメラ等を使ったYouTubeライブのテスト配信を実施しているところだ。今後は、弊社が扱っている従来の通信方式にローカル5Gを加え、適材適所で地域のスマートシティ化を推進していく」と話している。
 小林氏は今回、同社が既に取り組んでいる農業DXでのローカル5G商用サービス、そしてスマートシティ推進や、地域DXに基づく地域連携基盤に関する展望について述べた。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

モバイル/無線

無料 ハートネットワークがローカル5Gの実証実験を開始

電波特性の検証や大容量データ伝送実験  ハートネットワークは2月10日、ドリームクラフトとソフトバンクと協力し、ローカル5Gの普及促進を目的とした実証事業をワクリエ新居浜内で開始したと発表した。  ハートネットワークでは…

更新

続きを見る

DX/IoT/AI

無料 国内で初めて、ノキアのクラウド型ローカル5Gソリューションのディストリビュータ契約を締結【ネットワンパートナーズ】

5Gの“利活用”にフォーカスし、導入や運用における技術的負荷を大幅に軽減  ネットワンパートナーズは1月25日、ノキアソリューションズ&ネットワークス(以下、ノキア)と、国内で初めて、クラウド管理型ローカル5G…

更新

続きを見る