光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ケーブルにおけるFTTH化の現状(日本ケーブルラボ技術セミナーより)

SpecialReport 有料

 6月28日に日本ケーブルラボが開催した技術セミナーでは、CATVにおけるFTTH化について解説された。本レポートではその中から、HFCから10G-EPONへ一気に移行したハートネットワーク社、そしてGE-PONとG-PONの両方を扱った嶺南ケーブルネットワーク社による講演をピックアップする。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

期間限定無料公開

有料 CATVのネットワークサービスやIP映像伝送を支える最新の伝送製品、無線端末、管理ソリューション【住友電工】

 住友電気工業(以下、住友電工)はCATV市場で培ってきたRF技術に加え、通信分野で長年の実績があるIP技術を併せ持っており、RFとIPの双方でヘッドエンドから加入者端末までのソリューションを提供できる点…
更新

続きを見る

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 つくばフォーラム2017Preview【NEC】

 NECのブースでは、IP8800シリーズスイッチを利用してサイバー攻撃からIoTデバイスを守る「ホワイトリスト機能で造るセキュアIoTネットワーク」、テレコムキャリア/DCI向け光サービスプラットフォー…
更新

続きを見る