光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

シスコ5Gショーケース【1】

SpecialReport 有料

 シスコシステムズは11月12日、5Gの価値創出を推進し、エンド・ツー・エンドの5Gネットワーク環境にて実証実験が可能となる「5Gショーケース」の運用を開始したことを発表し、記者説明会を開催した。
 今回のレポートでは、5Gショーケースの概要と狙い、その背景となる日本市場におけるシスコの5G事業戦略について纏めた。

(OPTCOM編集部 柿沼毅郎)

5Gショーケースの背景となる、日本市場におけるシスコの5G事業戦略

 シスコジャパンにとって5Gはどういう位置づけなのか。シスコシステムズ 副社長 情報通信産業事業統括の中川いち朗氏は説明会の冒頭で「5Gは、2021年度のシスコジャパン重点戦略として掲げている5つの分野(画像1)全てを支えるものだ。トラベル・ツーリズム、ワークプレイス、パブリックセーフティ、インダストリ4.0、デジタルスクールを実現するためには、5Gを如何に活用するかが非常に重要だ」と強調した。

画像1:2021年度におけるシスコジャパン重点戦略

 シスコは5Gインフラストラクチャ市場において順調にビジネスを進めており、例えばSPルータ市場では約75%のマーケットシェアを獲得していることからも、多くのサービスプロバイダに評価されていることが分かる。中川氏は「本格的な5Gの展開を推進するためには、コンシューマの付加価値の高いサービスの展開に加えて、企業、あるいは公共機関での活用、ユースケースの創造というものが必須になってくると考えている。今回の5Gショーケースは、まさにこの企業のユースケース、各業界でのユースケース、特に、弊社が注力する5つの分野での5G活用と実践をドライブするものだ。ひいては、弊社のビジョンであるニューノーマル化における日本のデジタル化を支援し、日本の持続的な経済成長と安心・安全な社会実現への貢献を推進する、一つの試みだとご理解いただければと思う」と述べている。

 シスコの推進する日本のデジタル化の必要性については、ニューノーマルとなった現在、日本企業のDXに猶予が有るかどうかを考えれば自明だろう。このDXを飛躍させる5Gは、デジタルとリアルを融合した新たなビジネス、あるいはサービスを創造する基盤となるインフラだ。具体的には映像配信やゲームなどの4G以前のコンシューマサービスに加え、医療、IoT、工場、あるいは街づくり、車、農業、運輸、そして公共サービスなど、あらゆる産業、あらゆる社会に新しい価値を提供するユースケースなどが想定されている。
 中川氏は「弊社は既に複数の大手企業、自治体様とローカル5Gのプロジェクト、あるいはトライアルを開始している。だが、それらの実現のためには、企業や業界を超えたデジタルの連携、すなわち、通信事業者様のネットワークと企業側のネットワークがエンド・ツー・エンドでセキュアに連携され、運用の自動化や可視化を実現する必要がある。これは、双方のネットワークのアーキテクチャを変革しなければ実現できない」と指摘する。

 だが、中川氏が指摘するような、通信事業者のネットワークと企業のネットワークが融合された環境という事例は、4G以前では目にしなかったものだ。通信業界の人間にとって理解しやすい5GによるDXのメリットも、実際に設備投資をする一般企業にとっては未知の領域となる。
 今回、シスコジャパンが発表した5Gショーケースは、その未知の領域を目に見える形にするものと言って良いほど、エンド・ツー・エンドの実証環境を徹底したものだ(画像2)。

画像2:シスコ 5Gショーケース 実証環境(一部)

 中川氏は「今回、東京本社に設立したショーケースは、通信事業者様の新しい5Gのアーキテクチャと、ニューノーマルに向けた新しい企業のネットワークをエンド・ツー・エンドで連携したものであり、おそらく日本で初となる。こういった、エンタープライズとサービスプロバイダネットワークの連携というものは、これまで長年にわたり企業ユーザをご支援してきた弊社だからこそできると自負している。だが一方で、こうしたエンド・ツー・エンドの環境の実現、そして実際のビジネスのユースケースの創造をシスコだけで支援できるとは思っていない。5GによるDXをリアルに加速していくためには企業、通信事業者、パートナーに加えて、今回もインテルをはじめ各種テクノロジーカンパニーのご支援を頂戴してこの環境を作り上げている。そういったテクノロジーカンパニーにもご協力いただいてというのが本当に必要であると考えている」としており、「この5Gショーケースは、その協創の場を提供したものだとご理解いただければと思う。決して、シスコのソリューションをご覧いただくという目的ではなく、それも含めてすべてのエンド・ツー・エンドの環境をお客様、そしてパートナー様にご活用していただく場を提供しているとご理解いただければと思う。まだ最初は小規模だが、エンド・ツー・エンドのオープンラボとして、お客様、パートナー様、すべての業界にご利用いただくことによって、皆さんでこの環境を育てていただきたいと思っている。結果として、ニューノーマル化における日本のデジタル化を支援し、日本の持続的な経済成長と、安心・安全な社会実現に貢献するというシスコのビジョンを、この5Gショーケースを通じて実現していきたい、貢献していきたいと強く考えている」と語った。

シスコ5Gショーケース【2】

関連記事

映像伝送/CATV

無料 業界統一コアを利用し、愛媛 CATV が業界初の 4.7GHz 帯ローカル5G無線局免許取得【日本ケーブルテレビ連盟】

 日本ケーブルテレビ連盟は2月26日、愛媛CATVが四国総合通信局より、業界内で初めてとなる「業界統一コア」を利用した 4.7GHz帯ローカル5Gの無線局免許の交付を受けたと発表した。 業界統一コアを活用したローカル5G…

更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 ハートネットワークがローカル5Gの実証実験を開始

電波特性の検証や大容量データ伝送実験  ハートネットワークは2月10日、ドリームクラフトとソフトバンクと協力し、ローカル5Gの普及促進を目的とした実証事業をワクリエ新居浜内で開始したと発表した。  ハートネットワークでは…

更新

続きを見る