光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

stcがNokiaの1830 PSI-Mを使用して、ライブネットワーク1テラビット チャンネルの初トライアルに成功

海外TOPICS 有料

 Nokiaとstcは3月1日(リヤド)、MEA(Middle East and Africa)地域における1テラビット大容量チャンネルの初トライアルが成功したことを発表した。

 このトライアルは、Nokiaの1830 PSI-M(Photonic Service Interconnect – Modular)を使用したライブネットワークにより、リヤドでアクティブ化された。
 Nokiaは「PSI-Mは、安定した信頼性の高いネットワークインフラストラクチャにより、stcが商用ネットワークの容量をさらに拡大し、新しい高帯域幅サービスをサポートできるようにする」としている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

海外TOPICS

有料 FIBERSTAMP が800G QSFP-DD PCCを発売

 FIBERSTAMPは6月22日、パッシブDACケーブルアセンブリ800G QSFP-DD PCCを発売したと発表した。  同社は「112G PAM4 DACサーバ相互接続の限界を打ち破り、800Gデ…
更新

続きを見る