光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Medusa海底ケーブルが、南ヨーロッパと北アフリカを結ぶ新しい戦略的ルートでOrangeのインフラを選択

海外TOPICS 有料

 OrangeとMedusa Submarine Cable System(以下、Medusa)は12月12日、Medusaの海底ケーブルシステム(以下、Medusaケーブル)のすべてのパートナー事業者にオープンで高性能な相互接続ソリューションを提供するために協力していることを発表した。
 Orangeは、Medusaケーブルのユーザに、新しい完全に冗長なインフラストラクチャをセットアップすることで相互接続する。これにより、マルセイユのすべてのデータセンタに簡単かつ安全にアクセスできるようにするという。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

海外TOPICS

有料 Orangeが、大西洋横断ルートの巨大海底通信ケーブルAMITIEの開設準備を完了。Dunant海底ケーブルと共に、地球上で最も混雑するルートの回復力と継続性を保証

 Orangeは10月18日、メガ海底ケーブルAMITIEの大西洋横断ルートの開設準備が完了したことを発表した。  同社は「このケーブルの開設は、2つの大陸間で約4年間の作業と検証テストの完了を経た…
更新

続きを見る