光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

DMG森精機とKDDI、5Gを活用したデジタルファクトリーの実現に向け、共同検討を開始

IoT/AI/VR 無料

DMG森精機の伊賀・東京の拠点に5G環境を構築

 DMG森精機とKDDIは5月21日、5Gを活用したデジタルファクトリーの実現に向け共同検討、および共同実験を5月21日から開始したことを発表した。
 両社は、製造業全体のデジタルトランスフォーメーション (DX) を強力に推進すべく、2020年4月にDMG森精機伊賀事業所 (三重県伊賀市)、7月に東京グローバルヘッドクォータ (東京都江東区) に5G環境を構築する。2拠点で、高速・大容量、低遅延の特性をもつ5Gを用いて、ユーザの生産性向上に貢献するソリューション開発をさらに進めていくという。

共同検討の背景

 製造業界においては、変種変量・多品種少量生産の実現、生産性向上、スキルの標準化など、製造現場における課題は近年大きく変化しており、機械の高精度化・高効率化とともに製造現場の自動化に対するニーズが高まっている。
 一方、工作機械を使った切削時に発生する切りくずが稼働停止や加工不良の大きな要因になるなど、無人運転や夜間運転による自動化に対して課題がある。
 DMG森精機は「このような課題に対して、最先端のテクノロジーを駆使して課題解決や生産性の向上を行うデジタルファクトリー化を進めていく」としている。

共同実験の内容

 同実験では、工作機械内部のカメラ画像をもとに、切りくずの堆積場所と堆積量をAIが推論し、洗浄経路を自動で生成計算することで切りくずを最適に除去する、DMG森精機の新技術「AI切りくず除去ソリューション」に5Gを導入する。
 また、5Gの高速・大容量という特長を活かし、工作機内における大量の画像データの自動収集を加速させ、より高度なAI機能の実装の有効性を検証するという。

実験内容

今後の取り組み

 2拠点の5Gを活用することで、工作機械内の画像だけでなく、各種センサ情報などの大容量データをリアルタイムに収集し、より正確なユーザ状況の把握が可能となる。この情報を活用し、機械性能を最大限に発揮するための技能向上ソリューション開発を両社で目指すという。
 さらに、KDDIが有する5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」を活用し、製造現場における課題の深堀りや課題解決の検証を実施していくという。
 両社は「今後も5Gを活用したデジタルファクトリーの実現に向けた取り組みを進めていく」としている。