光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

「人と協調するAI」を開発【三菱電機】

IoT/AI/VR 無料

人と機械が混在する生産・物流現場での作業効率の向上に貢献

 三菱電機は6月3日、同社AI技術「Maisart(マイサート)」の1つである逆強化学習を活用し、人の操作を少ないデータで効率的に模倣学習し、人が操作しているかのような自然な動作を機械が実現することで、人との協調が容易となる「人と協調するAI」を開発したと発表した。
 同社は「今後、人と機械が混在する生産・物流現場でのAGVやロボットなどに本技術を適用して実証と実運用開発を進め、作業効率の向上に貢献するとともに、自動運転車などへ展開を目指す」としている。

「人と協調するAI」をAGVに適用した場合の動作例

開発の特長

模倣学習による機械の自然な動作で、人と機械が混在する環境での作業効率向上

  • 「道を譲る」などの人が行った協調動作の操作データを収集し、シミュレーター上で逆強化学習により模倣学習することで、人が操作しているかのような自然な動作を実現
  • 周囲作業者の作業の妨げにならないように機械が動くことで、人と機械が混在する環境での作業効率が従来と比べて30%向上(シミュレーターによる代表的な作業環境での実験結果)

「Maisart」の逆強化学習により、少ないデータで効率的に学習

  • 同社AI技術「Maisart」の1つである逆強化学習を用いて、AGV周辺の画像と人による運転操作データに基づいた模倣学習を実現
  • 従来の「教師あり学習(※1)」と比較して10分の1以下(※2)の運転操作データで学習が可能

※1:熟練者の最適な操作そのものを模倣学習する方法
※2:シミュレーターによる代表的な評価課題での実験結果

今後の展開

 三菱電機は「今後、作業の効率化あるいは作業者間に一定の距離確保が求められる場合など、AGVの利用増加が想定される生産現場や物流現場をはじめ、人と機械が混在する作業環境での実運用や自動運転への適用に向けて、開発に取り組んでいく」としている。

関連記事

IoT/AI/VR

無料 NEC、石坂産業とスマートプラント実現に向け協業

 NECは7月14日、石坂産業と協業し、再資源化処理を行なう石坂産業のプラントにおいて、最新のICTやローカル5Gなどのネットワーク技術を導入し、省人化や安心・安全などを推進する取り組みを開始すると発表した。  同取り組…

更新

続きを見る

IoT/AI/VR

無料 スマートファクトリー推進に向け協創開始【マクニカ、損保ジャパン、SOMPOリスク】

IoT製品のデータを活用した専用保険の新サービスを提供  マクニカ、損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)およびSOMPOリスクマネジメント(以下、SOMPOリスク)は5月27日、振動センサ等を使用した重要設備の状態監視…

更新

続きを見る