光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

マイクロソフトとNECが戦略的パートナーシップを拡大

DX/IoT/AI 無料

ユーザのビジネスレジリエンシーと事業成長を支援

 マイクロソフト コーポレーション(以下、マイクロソフト)とNECは7月13日、これまでの40年以上の協業を元に戦略的パートナーシップをさらに拡大する契約を締結したことを発表した。
 両社は「今後、複数年にわたる新たなパートナーシップにより、Microsoft AzureやMicrosoft 365、NECの5G技術を含むIT・ネットワークの知見、さらにはお互いのAIやIoTソリューションを活用し、様々な企業・公共機関(パブリックセクター)のユーザにおける、クラウド導入やDXの加速と事業成長を支援する」との考えを示している。

パートナーシップにおける両社の取り組み
 今回のパートナーシップにより、NECはMicrosoft Azureを優先クラウドプラットフォームとして採用し、ユーザの持続的なDXの推進や、ビジネスモデルの変革、パンデミック後のNew Normalを見据えたデジタルワークプレイスの構築に向けて、ソリューションを強化していく。

 NECのデジタルワークプレイスによるイノベーション創出や従業員の働き方改革を加速させるにあたり、両社は協力してNECのオンプレミスのIT環境をAzureに移行する。また、Azure Virtual Desktopやその他のAzureサービスをNECグループ11万人の従業員に展開する。このモダナイゼーションは、NECの既存のMicrosoft 365プラットフォームを活用して実現し、これまで以上にセキュアかつ堅牢で、より持続的な環境を実現する。同取り組みを元に、両社はデジタルワークプレイスを日本およびグローバルで企業・公共機関のお客様に提供し、クラウドマイグレーションを加速させる。

 両社は、高速で低遅延のデータ接続によって高パフォーマンスのネットワークエクスペリエンスを提供し、より効率的なワークプレイスを構築する。これにより、企業・公共機関のユーザの業務遂行力を最大限引き出し、よりパーソナライズされたワークスタイルを確立できるようになる。

 さらに、マイクロソフトのインテリジェントエッジソリューションやNECのローカル5Gネットワーク技術などのアセットを活用し、様々な業種のユーザのDXを共同で支援する。例えば小売業では、両社が協力してAIでお客様の取引データをリアルタイムに分析することで、購買パターンの理解促進や業務効率の向上、新たな市場機会の創出へと繋げる。

シナジー効果への期待
 Azureと、両社のAIおよびIoT技術、そして知見を組み合わせた先進的なソリューションを提供することで、ユーザのカスタマーエクスペリエンス(CX)を強化し、店舗でのよりセキュアな運用や保守に貢献する。また、両社は、企業・公共機関のユーザ向けに、Microsoft Azure上で構築されるネットワークイノベーションへの取り組みも推進する予定だ。

 両社は「これらのソリューション提供に向け、NECグループ内のマイクロソフト技術に特化したデジタル関連人材を倍増させる。こうした技術・人材強化に投資することで、お客様のDXを成功へと導き、市場と社会に貢献する」との考えを示している。

 マイクロソフトの会長兼CEOであるサティア ナデラ(Satya Nadella)氏は「この一年間見てきたように、デジタル技術を導入するスピードは、あらゆる産業やビジネスにおいて加速している」としており、「NECとの戦略的パートナーシップにより、AzureとMicrosoft 365のパワーと、NECのサービスやインフラに関する専門知識を組み合わせて、この急速な変化の時代に、公共機関や企業のお客様が、レジリエンスを実現し、変革することを支援していく」とのコメントを出している。

 NECの代表取締役 執行役員社長 兼 CEOである森田隆之氏は「NECはマイクロソフトとのグローバルレベルの戦略協業を拡大できることを嬉しく思っている。本パートナーシップにより、マイクロソフトの信頼性の高いクラウドやサービスと、NECが自社システムで培った経験、そして両社のAIやIoT技術を活用することで、グローバルに展開する企業がDXを進める上で、これまで以上に安全・安心なデジタルサービスをご利用いただけると確信している」とコメントを出している。

 日本マイクロソフトの代表取締役 社長である吉田仁志氏は「世界中で、特に日本において、これほどまでに変革し続けることが求められ、ビジネスレジリエンシーと成長の重要度が高まったことはない。両社のパートナーシップは、業界におけるクラウドベースのデジタルトランスフォーメーションやデータマイグレーションの活用を加速させ、日本が継続的にグローバルで成功を収められるよう支援するものだ。今回のパートナーシップが、さらなる経済的かつ社会的な繁栄へとつながることを期待している」とコメントを出している。

関連記事