光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

三井情報が、東中野オフィスにローカル5Gの通信検証が可能なラボを開設

DX/IoT/AI 無料

ローカル5Gサービスを検討する自治体・企業との共創を通じた社会貢献をめざす

 三井情報は5月19日、東中野オフィスにあるMKI IDEA LAB.(アイデアラボ)にローカル5Gの技術検証が可能な「MKI 5G IDEA LAB.」を開設したと発表した。(情報提供:共同通信PRワイヤー)

 三井情報は「東中野オフィス内にはお客様向けのデモンストレーションスペースも設けており、ここではローカル5GとWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)の違いを体感することが可能だ。三井情報はローカル5Gを活用したソリューションの提供を目指す企業・自治体との共創を加速させ、お客様の更なるビジネス展開のサポートを行っていく」と説明している。

 昨今、地域ニーズや個別ニーズに応じて自治体・企業が主体的に利用可能なローカル5Gを活用したサービス・ソリューション創出の機運が高まっている。しかし、自治体や企業でローカル5G環境を用意するには無線局免許の取得や無線基地局、コアネットワークなどの難易度の高い設計構築に際して専門知識が必要となり、課題になっている。そこで、三井情報は自治体や企業が持ち込んだ機器などをローカル5G環境に接続し、専任エンジニアと共に技術検証が可能な5Gラボおよびデモンストレーションスペースを開設したという。
 三井情報「MKI 5G IDEA LAB.」のポイントは次の通り。

オンプレミス・クラウドのコアネットワーク比較が可能
 MKI 5G IDEA LAB. にはオンプレミスとクラウドのコアネットワークを用意しており、自治体や企業は双方の環境で検証が可能だ。オンプレミスとクラウドを比較して確認できることで、サービスに合わせたコアネットワークの選択が期待できる。

持ち込んだローカル5G端末の動作検証も可能
 自治体や企業が用意した技術基準適合証明を取得した端末を、三井情報が所有する基地局に接続して、実際の通信疎通や動作等を確認することもできる。技術基準適合証明を取得していない端末の場合は、電波暗箱を利用した通信疎通や動作検証が可能だ。

ローカル5G/Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)の違いをMRデバイスで体感
 MKI 5G IDEA LAB. ではローカル5G/Wi-Fi 6にMRデバイスを接続させた状態で3Dモデルの投影・操作が可能で、相互の違いを体感することができる。また、通信速度や遅延等を数値上でも確認できるため、サービスの特性に合わせた無線環境の選択に役立つ。

MKI 5G IDEA LAB.の様子。

 三井情報は「次世代通信技術の活用による新しいサービスの創出を、これまで培ってきた無線技術のナレッジを活用して支援していく」との考えを示している。

関連記事

モバイル/無線

無料 Dhostが、新しいブランドアイデンティティとAPACにおけるテクノロジー・ソリューションの拡大を発表【エクシオグループ】

 エクシオグループは6月24日、グループ会社である「ビル内ニュートラル・ホスティング・サービス※」を提供するdhost(ディーホスト)の新しいブランドアイデンティティを日本で発表した。  エクシオグループは「Dhostは…

更新

続きを見る