光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

つくばフォーラム2016Preview:第3部 出展企業・製品の見どころ(11)Viavi ソリューションズ(旧:JDSU T&M)

期間限定無料公開 有料

Viavi ソリューションズ(旧:JDSU T&M)
世界最小2ポート100Gテスタや、業界初の100Gコヒーレント信号インバンドOSNR

 Viaviソリューションズは、ECOCで発表されたばかりの100G関連テスタ2機種を紹介する。また、片手で操作が可能なファイバースコープの新製品がデモ展示される。

CFP4/QSFP28に対応した世界最小2ポート型100Gbpsテスタ

「MTS-5800-100G」

「MTS-5800-100G」

 9月のECOCで発表された「MTS-5800-100G」は、軽量・小型筐体(17.8×24.1×8cm、重量2.45kg)で1.5M~112Gbpsまで対応したオールインワンテスタ。QSFP28、CFP4、SFP28といった最新の光トランシーバに加え、QSFP+、SFP、SFP+、及び電気インターフェイスにも対応し、組み合わせ自由な2つのアプリケーションを同時・並行して実行できる。同社は「100Gbpsを2ポート同時に測定できるテスタとして世界最小だ」と話す。
 更にOTDRや光スペアナの外付けモジュールも備え、光ファイバーの物理試験も全て1台でできるのが特徴だ。
 フィールドテスタながら、100GBASE-LR4/ER4だけでなく100GBASE-SR4もサポートしており、通信事業者系、データセンタ事業者系、装置メーカーと幅広いユーザ層に訴求力のある製品に仕上がっている。同社は「SR4の測定ではRS-FECのサポートが必須だ。この製品であれば、RS-FECのアルゴリズムを取り入れてFEC補正前と補正後のビットエラーレート試験ができる」と説明している。
 独自の光トランシーバの自己診断テスト機能も備わっており、パワーレベルやビットエラーレート(FEC有/無、Pre/Post選択可)の閾値をユーザの任意で設定して測定が開始される。同社は「トランシーバの自己診断テストは数分で終わる。RFC2544等の試験の前にこのテストに行うことで、トランシーバvs装置・ネットワークの問題切り分けが簡単にできる。RFC2544に長時間費やした結果、不具合がトランシーバのみだという事態を避けることができる」と説明している。

世界初、インサービス状態の100Gコヒーレント信号を停波せずOSNR測定

「OSA-710」

「OSA-710」

 「MTS-8000」用のOSAモジュール「OSA-710」は、ネットワークを停止せずにインサービス状態のまま偏波多重コヒーレント信号のインバンドOSNRを測定できる画期的な製品。Viavi社特許技術である「SCorM測定方式」を用いて、停波できないリンクでも装置のモニターポートに繋いでたった数秒で測定が完了するので、ネットワークのルート切り替えや夜間作業を組む事をなくし、大幅なコスト削減と作業性向上に繋がる。ビットレート(100G、200G、400G等)に関わらず、DP-DPSK、DP-QPSK、DP-xQAMの変調方式に対応。モニターポットに接続して簡単に測定ができる。同社は「コヒーレント信号のOSNR測定の為にサービスを一旦停止しなければいけない事が、国内外問わず、常にネットワークオペレータの課題だった。インサービス状態でネットワークのラインサイドで正確な波形とノイズ測定を行える事は、開通・保守業務を担う方達に大きな価値を提供できる」と話している。

使い易さを追求した全自動ガン型ファイバースコープ

 今夏にリリースされた「FiberChek™プローブ マイクロスコープ」は手に馴染みやすいガン型・トリガタイプの端面検査装置。現場での使い易さを追求した製品で、全ての作業工程が片手で行えるように設計されている。
 ファイバ端面のライブ画像や解析結果が表示されるタッチスクリーンも備わっており、トリガを引くと全自動でフォーカス、センタリング、画像キャプチャ、合否判定が実行される。同社がラインナップしている100種類以上の検査Tipに対応しているので、幅広いシーンで利用できる。
 IEC 61300-3-35規格や顧客特有の要件など検査基準のナビゲート機能も備わっている。
 Bluetooth、Wi-Fi、USBでスマートフォンやPCと接続して、簡単にデータ転送を行ったり、またはラックの高い位置での配線などを検査する場合の補助モニタとしての使用や、判定レポートの生成が簡単に行える。

掲載企業一覧

アンリツ
NEC
NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)
FXC
OKI
協和エクシオ
三和電気工業
住友電気工業
日本コムシス
原田産業
Viavi ソリューションズ(旧:JDSU T&M)
フジクラ
三喜
三菱電機
横河メータ&インスツルメンツ

第3部TOPページに戻る

関連記事

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 つくばフォーラム2018Preview【FXC】

●Ethernet OAM対応の小型メディアコンバータや、1Uサイズの200G伝送装置  FXCでは、ハイエンド新製品Ethernet OAM対応メディアコンバータ…
更新

続きを見る

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る

テレコム

無料 世界初、400GbE & 100GbE対応コアルータの性能をパフォーマンステスタで実証する“異速度インターワークライブデモ”をInterop Tokyo 2018で公開【東陽テクニカ】

現行コアネットワークへの400GbE技術導入を加速  東陽テクニカは、Spirent Communications社(以下、Spirent社)の新ラインアップであるIPパフォーマンステストツール「Spirent Test…

更新

続きを見る