光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

つくばフォーラム2016Preview:第3部 出展企業・製品の見どころ(10)原田産業

期間限定無料公開 有料

原田産業
アクセス、コア・メトロ、データセンタそれぞれの測定器を展示

 ブースでは各種測定器を展示。コア・メトロやアクセス系で役立つEXFO社製品や、LANで実績を伸ばしているPsiber Data社製品が紹介される。

小型軽量なタブレット型OTDR

「 MAX-720C」

「 MAX-720C」

 EXFOの「 MAX-720C」はタブレット型のOTDRで、166mm×200mm×68mm(高さ×幅×奥行)の小型化と1.5㎏の軽量化を実現した製品。起動時間も早く、FTTHをはじめアクセス系の現場で手軽に光パルス試験ができる。
 曲げロス、コネクタロス、融着ロス、スプリッタなど障害点をアイコン表示する「iOLM」機能を搭載しており、異常は一目で判る。12時間バッテリ稼働。

アクセス系のメタルケーブル障害位置を測定

 EXFOの「FTB-1」用モジュール「FTB-610」は、メタルケーブル障害位置探索、絶縁不良測定、メガー測定が可能な製品。ケーブル診断機能にて対象ケーブルの初期診断ができる。また、マッピング機能により故障点をアイコン表示することも可能だ。原田産業は「メタルケーブルの障害は絶縁不良が多く、その故障点を距離で出せる製品なので、底堅い需要がある」と話す。

小型軽量な新型100Gテスタ

「FTB-890」

「FTB-890」

 10Mから100Gまで対応するフィールドテスタ「FTB-890」は、小型軽量な「FTB-1v2」プラットフォーム用のモジュールだ。SONET/SDH、OTN、イーサネット、Fibre Channel、CPRI 等のマルチサービスに対応。最新のインターフェースであるCFP4、QSFP+、QSFP28もサポートしている。

メタルと光に1台で対応できるLANケーブルテスタ 「ワイヤーエキスパート」

「ワイヤーエキスパートWX-4500」

「ワイヤーエキスパートWX-4500」

 データセンタやエンタープライズ向けにはPsiber Data社のLANケーブルテスタを展示。
 「ワイヤーエキスパートWX-4500」は、LANケーブルの認証試験を現場で簡単に行える、タッチパネル式のLANケーブルテスタ。テストアダプタを替えるだけでメタル、光の両方に1台で対応できる便利な製品だ。MPO(1~12心)の測定ができるピン(オス型)付きテストアダプタにより、一方を光源、もう一方をパワーメータとして使い、12心の結線状況やロス状況を見ることができる。試験時間は5秒と短い。
 また、「ワイヤーエキスパート WX-500」も展示される。こちらはCat6Aまでのケーブル認証測定が可能なモデルで、アップグレードすることによりシングルモードファイバ・マルチモードファイバ、Cat6Aまでのパッチコードまでの測定を網羅できる。原田産業は「最近では特に実績を伸ばしている製品だ」と話している。

掲載企業一覧

アンリツ
NEC
NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)
FXC
OKI
協和エクシオ
三和電気工業
住友電気工業
日本コムシス
原田産業
Viavi ソリューションズ(旧:JDSU T&M)
フジクラ
三喜
三菱電機
横河メータ&インスツルメンツ

第3部TOPページに戻る

関連記事

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 つくばフォーラム2018Preview【FXC】

●Ethernet OAM対応の小型メディアコンバータや、1Uサイズの200G伝送装置  FXCでは、ハイエンド新製品Ethernet OAM対応メディアコンバータ…
更新

続きを見る

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る

テレコム

無料 世界初、400GbE & 100GbE対応コアルータの性能をパフォーマンステスタで実証する“異速度インターワークライブデモ”をInterop Tokyo 2018で公開【東陽テクニカ】

現行コアネットワークへの400GbE技術導入を加速  東陽テクニカは、Spirent Communications社(以下、Spirent社)の新ラインアップであるIPパフォーマンステストツール「Spirent Test…

更新

続きを見る