光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Interop Tokyo2018特集【パンドウイットコーポレーション日本支社】

特集 有料

 ブースでは、ケーブリングに関する技術動向や市場のトレンドを踏まえつつ、同社の最新製品が紹介される。データセンタ事業者、コンテンツプロバイダ、放送・映像、画像処理、インターネット配信業者を主なターゲットとし、5 年先 10 年先を見据えたデータセンタの物理層、特にケーブリングのあるべき姿を提案するという。パンドウイットコーポレーション日本支社 エンタープライズ&データセンターBU EDI営業 テリトリーアカウントマネージャーの宮坂直人氏は「ケーブリングはただ繋げば良いということではなく、ビジネスの用途によって配線の最適なデザインは違ってくる。そこで今回、弊社では製品PRだけではなく、より多くのエンドユーザの方々にケーブリングをはじめネットワーク物理インフラについてご興味を持っていただけるような工夫をブースに施す」と話している。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 Interop Tokyo2018特集【原田産業】

 原田産業は400GおよびFLEXイーサネットに対応したEthernetテスタや、ネットワーク装置のモニタリングシステム、データセンタなどのLANケーブルの認証試験器、そして新たに扱いを始めたTrimbl…
更新

続きを見る