光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

「NTT R&Dフォーラム2019」に見るIOWN構想の最新技術【TOP】

特集 有料

 NTTグループの最新技術や研究成果を講演、展示する「NTT R&Dフォーラム2019」が11月14~15日にNTT武蔵野研究開発センタで開催された。
 基調講演ではNTT代表取締役社長の澤田純氏が登壇し、IWON構想のロードマップも語られた。例えば、2023~2029年の仕様確定として「チップ間光伝送」「サービスごとに波長割り当て(エンド-エンド波長制御)」「衛星通信の高速化(衛星MIMO・光増幅など)」「無線の大容量化(多重化・広帯域化など)」が挙げられていた。
 展示エリアではこうしたIWON構想を支える技術を含め、AI、データ活用・管理、セキュリティ、VR/IRなどの最新技術や最新研究が紹介された。今回の特集では、伝送を支える物理層を中心にピックアップして纏めた。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。