光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ノキアの実績に見るPrivate LTEの活用【TOP】

特集 有料

 ノキアは9月14日に開催した記者説明会で、日本国内のエネルギー・運輸・公共業界の通信の統合化および高度化を支援すると同時に、グローバルにもつ豊富な実績を基に新たなユース・ケースの実現を国内の様々なパートナーと協力して提供していくと今後の事業戦略を発表した。ノキア バイスプレジデント エネルギー・運輸・公共事業部グローバル事業責任者のChris Johnson氏は「グローバルではコスト効率化も実現するために、制御系と情報系を含めた統合化(IT/OT Integration)の流れが加速しており、IP/MPLS化、バックボーンの統合、Private LTEによる無線の統合が進んでいる。そしてスライシングとセキュリティ確保も必須条件となる」と説明する。
 この説明会でノキアが強調したのは、同社のグローバルにおけるPrivate LTEの実績だ。Private LTEは日本でも注目が高まっており、直近では西日本ICTフォーラム(9月12~13日)でも注目トピックの1つとして大手通信事業者をはじめ来場者の関心を集めていたことが記憶に新しい。
 今回の特集では、日本でも今後の普及が期待されるPrivate LTEについて、ノキアが記者説明会で示した各分野における事例や今後の展望を紹介する。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。