光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

オーストラリア・シンガポールケーブル(ASC)建設でASNと契約【VOCUS Group】

海外TOPICS 有料

 Vocus Group Limitedは、オーストラリア・シンガポールケーブル(ASC)建設でアルカテルサブマリンネットワークス(ASN)と拘束力のある契約(CIF)を締結した。

 ASCプロジェクトは、~4600km海底ケーブルシステムで、オーストラリアとシンガポール、インドネシアとを接続する。システム設計は、西オーストラリアから東南アジアまで最小容量40Tbps、この容量は今後の技術進歩により拡大すると予測。Nextgen Networks買収に続いてVocusは、シンガポールIDA承認とインドネシアMoCITと新たな陸揚げ権を獲得した。これはASNとのCIFと併せて、プロジェクトの開始と完了に必要なすべての要件を満たしている。

 ASCは約19カ月で建設し、2018年8月の完了を目指いしている。ASCの有効寿命は最小25年と推定されている。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

テレコム

無料 世界最小級に伝送損失を低減した低クロストークマルチコアファイバを開発【古河電工、KDDI総合研究所】

現行の海底ケーブルサイズのまま超長距離伝送を実証  古河電気工業とKDDI総合研究所は11月30日、総務省委託研究 研究開発課題「新たな社会インフラを担う革新的光ネットワーク技術の研究開発」、技術課題Ⅱ「マルチコア大容量…

更新

続きを見る