光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

サブ7 GHz 6Gの収益は2030年までに100億ドルから200億ドルに達する見込み【Dell’Oro Group】

海外TOPICS 有料

 Dell’Oro Groupは9月15日(レッドウッドシティ)、同社の予測レポート『RAN 2030 Advanced Research Report』のサマリーを発表した。
 レポートは、過去30年以上にわたってRANの設備投資サイクルを形作ってきた高レベルの技術動向が、今後10年間のRAN投資の性質を決定する上で重要な役割を果たすと予測。さらに、より多くのスペクトルの可用性は、RANの進化する範囲と組み合わせて、過去よりも高い成長率予測の基礎を形成するという。
 固定ワイヤレスアクセスはすでにRAN市場を後押ししており、次はエンタープライズと予測。また、世界のRAN市場のCAGRは、2000 年から 2020 年まで 1% の成長であり、 2020年から2030年まで2%の成長と予測している。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

テレコム

無料 アンリツが、ウェビナー「Beyond5G/6G向けデバイスと高速光通信向け光電融合デバイスの評価最前線」の開催を発表

 アンリツは「Beyond5G/6G向けデバイスと高速光通信向け光電融合デバイスの評価最前線」と題したウェビナーを、1月27日に開催すると発表した。  同ウェビナーでは、オンウエハデバイスや基板伝送路、AiPデバイス、光…

更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 O-RAN ALLIANCEが定める国際規格に基づく基地局等の機器の試験・認証拠点「Japan OTIC」を横須賀市に開設【YRP研究開発推進協会、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイル】

 YRP研究開発推進協会とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクおよび楽天モバイルは12月20日、O-RAN ALLIANCEが定める標準仕様に基づく試験・認証を行う拠点「Japan OTIC(ジャパンオーティック)」を、…

更新

続きを見る