光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

マルチアプリケーションに対応した世界最速の1.2Tbps DCO Daughter Cardを製品化【富士通オプティカルコンポーネンツ】

テレコム 無料

1.2Tbps DCO Daughter Card

 富士通オプティカルコンポーネンツは2月27日、近距離、都市内、都市間、データセンタ間、海底通信などのマルチアプリケーションに対応した、世界最速の最大1.2Tbpsのコヒーレント伝送が可能な1.2Tbps DCO (Digital Coherent Optics) Daughter Cardを製品化したと発表した。
 この1.2Tbps DCO Daughter Cardを、すでに製品化済の64Gbaud LN変調器、64Gbaud 集積コヒーレントレシーバなどの高帯域製品ラインナップに加え、デバイスからモジュールまで様々なニーズに対応したソリューションをユーザへ提供することが可能となる。

製品の特長

  • QPSK から64QAM までの各種変調方式に加え、ハイブリッド変調方式と多次元変調方式を新たに採用し、32Gbaudから64Gbaudまでの各種変調速度の組み合わせにより、数千kmの都市間伝送、数百kmの都市 内伝送、80-120kmの近距離伝送など様々なアプリケーションへ対応可能。
  • 64Gbaud コヒーレントDSP (Digital Signal Processor)、及び自社製の64Gbaud LN変調器と64Gbaud 集積コヒーレント レシーバを用いることにより、2波長で従来の200Gbps DCOトランシーバに比べて6倍の最大1.2Tbpsの大容量コヒーレント伝送を実現。
  • 自社製L-band LN 変調器を用いることにより、製品化当初からL-Bandへの対応も可能であり、多波長化によるC+L Band (最大190波)の大容量化が可能。

 なお、本製品に搭載される高性能コヒーレントDSPは、総務省の委託研究である「巨大データ流通を支える次世代光ネットワーク技術の研究開発」と「新たな社会インフラを担う革新的光ネットワーク技術の研究開発」の研究成果を活用しているという。

関連記事

テレコム

無料 ラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発【古河電工】

 古河電気工業(以下、古河電工)は3月6日、インコヒーレント光を用いたラマン増幅用の新しい励起光源技術を開発したと発表した。インコヒーレント光を用いた新しい励起光源技術は、励起光の揺らぎによる信号光への影響を抑えるため、…

更新

続きを見る