光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

NTTの尾上氏が、ITU電気通信標準化局長選挙に当選

モバイル/無線 無料

 NTTは9月30日、ITUの全権委員会議(ルーマニア・ブカレスト)において同日に実施された電気通信標準化局長選挙において、NTT のCSSO(Chief Standardization Strategy Officer)である尾上 誠蔵氏が当選したことを発表した。

 尾上氏は、移動通信システムの業界団体の中で標準化から技術開発の両面で主導的な役割を果たしてきた経験を有しており、今回の選挙で選出されたITU電気通信標準化局長には2023年初頭より就任する。
 NTTは「今後も国際標準化団体であるITUにおいて、電気通信分野の発展に積極的に貢献していく」との考えを示している。

尾上 誠蔵氏

編集部備考

  • 日本政府が尾上氏を同選挙の候補者とすることを公式に表明したのは、2021年9月。
  • 尾上氏は、移動通信システムの業界団体の中で標準化から技術開発の両面で主導的な役割を果たし、特に、NGMN(Next Generation Mobile Networks)AllianceやGSMA(GSM Association)など国際標準化に関する団体のボードメンバーとして国際的に活躍してきた。

関連記事

海外TOPICS

有料 Nokiaが、新たなレベルのESG戦略を発表

 Nokiaは10月31日(エスポー)、強化された環境、社会、ガバナンス (ESG) 戦略を発表した。  同社は「この戦略は、ビジネスおよびテクノロジー戦略に統合され、最も大きな影響を与えることがで…
更新

続きを見る

モバイル/無線

無料 “ポスト5G”を担う世界初のGaN-HEMTを開発【住友電工】

高出力・高周波ニーズに対応する次世代情報通信システムの実現に前進  住友電気工業(以下、住友電工)は10月18日、さらなる大容量・高速通信を実現する “ポスト5G”を見据え、GaN結晶にN極性を、そしてゲート絶縁膜に世界…

更新

続きを見る