光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

製造業向けIoTサービス「OMNIedge」で工具監視AIソリューションの提供を開始【THK】

DX/IoT/AI 無料

切削工具の欠損、摩耗度をAIが検知し、ロスを削減

 THKは11月22日、製造業向けIoTサービス「OMNIedge(オムニエッジ)」の工具監視AIソリューションの提供を開始すると発表した。

 「OMNIedge」は、製造現場で発生するロスを削減して設備総合効率(OEE)の向上に貢献するソリューションを提供していくTHKのIoTサービス。これまで、LMガイド、ボールねじ、アクチュエータの直動部品からサービスを開始し、プロセスオートメーションやユーティリティ設備向けのモータ、ポンプなどの回転部品まで対象を広げて、「部品予兆検知AIソリューション」を展開してきた。
 そして今回、工作機械の切削工具が抱える課題解決につなげるべく、後付け可能で面倒な閾値設定が一切不要な「工具監視AIソリューション」の提供を開始するという。

 切削工具には、「寿命管理を最適にしながら工具コストを削減したい」、「欠損やチッピングによる加工不良、手直しロスの発生を防ぎたい」という製造現場ならではの課題が存在する。従来、加工したワークの個数をもとに加工不良につながらないよう工具は早期交換するのが鉄則だった。そのため、異常がなくても安全係数を見て交換することで、コストは相対的に上昇する傾向にある。
 そこでTHKは、ユーザがより簡単に、即座に使用できるAIソリューションを開発した。

「OMNIedge」 工具監視AIソリューション構成図

 特筆すべきは、後付け(レトロフィット)を可能にすることで、現場で稼働している年式やメーカーの異なる工作機械でも簡単に導入できる点にある。また、切削工具の欠損/チッピングの検知、さらには摩耗度のモニタリング検知ができるので、機械加工の量産を手掛ける事業所では、工具寿命の最適化、工具交換のコスト削減、加工不良発生時の手直しロスの削減などにつながり、高い費用対効果が期待できる。
 センサから収集したデータはAIが自動解析し異常検知を行うので、繰り返し使用するほど精度が向上する。

 THKは「今後も、導入ユーザからいただく多くのご評価とご要望を反映しつつ、ユーザにとって最適なソリューションサービスの拡大を図り、製造現場の持続的な生産性向上に貢献していく」としている。

特長

センサは後付けで簡単設置:CT(電流センサ)をモータケーブルにクランプするだけで設置は完了。CNCへの接続は不要で、工作機械の年式・メーカーなど対応機種に縛られない。

すぐに使えるソフトウェア:設定ツールでの煩わしい設定が一切不要で、設置したその日からすぐに監視とデータ取得が可能。

進化するAIでどんどん精度がよくなる:AI による自動解析をおこない、データに基づいて異常を検知するので、使用を繰り返すほどAIが賢くなる。

関連記事

DX/IoT/AI

無料 アクセルラボが、IoTエンジン「alie+」をAPI提供開始

スマートホーム開発で培ったIoT技術を、あらゆる業界に展開  アクセルラボは10月26日、スマートホームサービス開発で培ったIoTエンジン(IoTを制御するシステム)のAPI提供を開始することを発表した。(情報提供:PR…

更新

続きを見る