光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

Interop Tokyo2018特集【原田産業】

期間限定無料公開 有料

 原田産業は400GおよびFLEXイーサネットに対応したEthernetテスタや、ネットワーク装置のモニタリングシステム、データセンタなどのLANケーブルの認証試験器、そして新たに扱いを始めたTrimble社のPTPグランドマスタークロックを展示する。

400GbEイーサネットテスタ

 EXFO社の「FTBx-88400NGE Power Blazer」は、ラボのイノベーションから現場でのテストまで400Gテクノロジを包括的にサポートするモジュール。現場に簡単に持ち運べる「FTB-4 Pro」ポータブルプラットフォームや、「LTB-8」ラックマウント・プラットフォームで駆動する。
 このモジュールを上記プラットフォームの収容することで、FlexE、400GbE、高速トランシーバの検証など、400Gテストのあらゆる要件に対応できる。また、「LTB-8」ラックマウント・プラットフォームでは、同モジュールのペアを収容することで800Gテストにも対応できる。

「LTB-8」(左)と「FTB-4 Pro」 (右)

サービスアシュアランスシステム

 EXFO社の製品では、サービスアシュアランスシステム「Ontology」も紹介される。このシステムは、フィジカル、ロジカル、バーチャル、レガシーネットワークを可視化し、E2Eのパフォーマンスをモニタリングすることが可能だという。原田産業 情報通信チーム ゼネラルマネージャーの森下博之氏は「ブースでは実際にモニタリングしている様子をビデオで分かり易くご紹介する」と話している。

MPOやCat.8にも対応する、LANケーブルの認証試験器

 Softing社のLANケーブル認証試験器「ワイヤーエキスパート」は日本でも実績を伸ばしている。今回展示されるモデル「WX-4500」の測定周波数は2500MHzまで対応しており、Cat.5e、6ケーブルだけではなく、将来的なCat.8まで測定が可能な製品だ。
 また、光ケーブルにも対応しており、アダプタを交換することで、近年データセンタなどで需要が高まっているMPOのロス試験も可能となる。
 メタルと光の両方に対応している点や、将来対応の点からも、コストパフォーマンスに優れた製品と言える。

日本規格にも対応したPTPグランドマスタークロック

 Trimble社は高性能なGNSSチップ、アンテナソリューションをラインナップしており、グローバル市場でGPSテクノロジを牽引してきた企業の1つ。同社は海外メーカーながら日本の規格にも対応した製品をリリースしており、日本のユーザからも注目を集めている。今回は、モバイルネットワークで重要なPTP(Precision Time Protocol)のグランドマスタークロックが展示される。
 グランドマスタークロック「GM 200」は、19インチラックのハーフサイズという小型、かつ安価でありながら時刻精度15nsという高精度を実現している。GPS、GLONASS、Beidou、Galileoの他、日本の準天頂衛星「みちびき」のQZSSにも対応している。

特集目次

TOP

Preview
パンドウイットコーポレーション日本支社

データコントロルズ

原田産業

丸文

Review
以下、後日更新

関連記事

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る