光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

全ての通信Layerを支える物理層やL2伝送装置のトレンド~Interop Tokyo2016 Preview~(5)

期間限定無料公開 有料

原田産業

 データセンタで役立つ製品として、Psiber Data社のLANケーブルテスタを紹介。また、100Gテスタの新製品として、可搬型プラットフォームでQSFP28やCFP4に対応できるモジュールが紹介される。

MPOにも対応するLANケーブルテスタ

 Psiber Data社の「ワイヤーエキスパートWX-4500」はタッチパネル式のLANケーブルテスタで、スマートフォンのように直感的な操作が行える製品。原田産業 情報通信チーム ゼネラルマネージャーの森下博之氏は「リモート機にも液晶画面が備わっている点が現場の方々から好評で、テストの開始や、結果の閲覧、保存もできる。昨年末にはメタルと光の両方で実績が増えた製品で、今後はMPO測定の需要の伸びも期待している」と話す。
 テストアダプタを替えるだけでメタル、光の両方に1台で対応できる。ファイバ用としては、MM、SM用の各テストアダプタをラインナップ。各ファイバアダプタは、それぞれ2波長をサポートできる。
 MPO(1~12心)の測定ができるピン(オス型)付きテストアダプタにより、一方を光源、もう一方をパワーメータとして使い、12心の結線状況やロス状況を見ることができる。試験時間は5秒と短い。MPOのパッチコードは基本的にはメス型となっているので、このアダプタならば変換ケーブル無しで対応できる。

Psiber Data社のワイヤーエキスパートWX-4500。リモート機にも液晶画面が備わっている点が特長だ。

Psiber Data社のワイヤーエキスパートWX-4500。リモート機にも液晶画面が備わっている点が特長だ。

EXFOの100Gテストソリューション

CFP4、QSFP+、QSFP28に対応した100Gテストモジュール
 EXFO社の100Gテストモジュール「FTBx-88200NGE」はCFP4、QSFP+、QSFP28に対応した製品。前モデルの「FTB-88100」モジュールと比べて半分の薄さを実現している。同社プラットフォーム「FTB-2pro」に2モジュールを搭載することで100G×2ポートの同時測定が可能だ。

新製品により、可搬型プラットフォームでもQSFP28やCFP4に対応
 今年5月にリリースされたモジュール「FTB-890」と「FTB-890NGE」は、「FTBx-88200NGE」と同じ機能を可搬型プラットフォーム「FTB-1 pro」に実装できる製品。「FTB-1 pro」の筐体は210mm×254mm×66mm(高さ×幅×奥行)、重量は1.5kg(バッテリー装着時)と小型・軽量だ。森下氏は「QSFP28やCFP4の測定がフィールドの現場にも普及すると見られることから、10Gのフィールド測定で使われている小型プラットフォームFTB-1 proに対応したモジュールを製品化した。小型ながら、FTBx-88200NGEと同様にスループットやY.1564、RFC 6349などの測定項目をサポートしている」と話す。

クラウドを利用して最新の試験方法を手軽に実現
 EXFO社が提供する「EXFO Connect」は、クラウドにあるアプリケーションを利用しての測定や、測定結果をクラウドで保管するシステム。いつでも最新のソフトウェアをダウンロードできることにより、現場でのインストールといった手間が減る。また遠隔操作により試験を簡単に行う事も可能だ。ライセンスを共有することでコストダウンを図ることができる
海外の通信事業者やデータセンタ事業者向けに実績を伸ばしているシステムで、作業時間の短縮や簡易化に繋がるシステムとして重宝されている。

EXFO社の100Gテストモジュールの新製品「FTB-890」と「FTB-890NGE」は可搬型プラットフォーム「FTB-1 pro」に搭載する。

EXFO社の100Gテストモジュールの新製品「FTB-890」と「FTB-890NGE」は可搬型プラットフォーム「FTB-1 pro」に搭載する。

掲載出展社(50音順)

アンリツ
FXC
データコントロルズ
パンドウイット
フルーク・ネットワークス
丸文

特集TOPへ戻る

関連記事

データセンタ/LAN

無料 業界初、単芯および8~32 芯までのMPO コネクタ端面全面の汚れを、1回の操作で確認できるMPO/単芯両用コネクタ端面検査カメラ【フルーク・ネットワークス】

光ファイバ障害の主原因であるコネクタ端面の汚れを瞬時に自動合否判定が可能  TFF フルーク(以下、フルーク・ネットワークス)は3月3日、光ファイバ障害の主原因であるコネクタ端面の汚れについて、単芯および8~32芯までの…

更新

続きを見る

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る