光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

日本のローカル5G/プライベートLTEを推進する、ノキアのエコパートナーシップ【2:オムロンのi-Autmationとローカル5Gが拓く、モノづくり現場の革新】

SpecialReport 有料

 20万点に及ぶ豊富な制御機器を提供しているオムロンは、AI、IoT、ロボティクスでモノづくりを革新するコンセプト「i-Autmation」を打ち出しており、数百ものアプリケーションを提供している。オムロン執行役員 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー技術開発本部⾧の福井 信二氏は「このi-Autmationに、5Gを活用したアプリケーションを増やしていく。これを5Gエコシステムの皆さんと一緒に取り組み、モノづくりの皆さんが安心して5Gを導入していただける環境を作っていきたい」と話す。

 既にオムロンが提案している5Gアプリケーションとしては、「レイアウトフリー生産ライン」と「リアルタイムコーチング」の二つがある。

この記事は会員限定です。新規登録いただくか、会員の方はログインして続きをお読みください。

関連記事

SpecialReport

有料 日本のローカル5G/プライベートLTEを推進する、ノキアのエコパートナーシップ【5:日鉄ソリューションズが描くデジタル製造業の実現】

 日鉄ソリューションズはローカル5Gエコシステムパートナーの中で、主にセンサ(環境/状態監視/盤内監視)やアプリケーション(安全見守りプラットフォーム)の提供で協力する。日鉄ソリューションズ 取締役 常務…
更新

続きを見る