光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

ドコモ5GオープンラボYotsuyaで次世代MEC試験環境「Beyond-MEC」を提供

DX/IoT/AI 無料

ネットワーク特化型クラウドにより、5G時代のソリューション創出を支援

 NTTドコモ(以下、ドコモ)は7月15日、常設の5G技術検証施設であるドコモ5GオープンラボYotsuyaにおいて、次世代MEC試験環境「Beyond-MEC」の提供を開始した。

 Beyond-MECは、スタンドアローン方式の5Gでの利用を想定したネットワーク特化型クラウド。通信ネットワーク上のユーザに近い位置にサーバなどを配備するMEC(Multi-access Edge Computing)の特徴を備え、クラウド上でのネットワークスループットは80Gbps、伝送遅延は10ミリ秒の性能を実現している。

 高精細な4K映像の伝送やXRを活用したバーチャル空間でのコミュニケーションなど、5G時代の新たなソリューションを創出するためには、5Gなどの通信ネットワークだけでなく、データ処理を行うクラウドの性能の向上が求められる。
 今回、ドコモ5GオープンラボYotsuyaでBeyond-MECを提供することで、5Gソリューションの開発パートナーは、通信ネットワークからクラウドまで一貫した検証を行うことが可能となった。

 今回の提供開始に先立ち、ドコモはソニーグループとともに2020年12月~2021年5月までの期間でBeyond-MECを用いた共同検証を実施した。5GとMECを組み合わせた実証実験では、MECに映像配信サーバを配置し、商用の5G端末に低遅延映像を配信することに成功した。
 ドコモは「今後もBeyond-MECの活用を通じて、多様な開発パートナーとともに新たな5Gソリューションの創出に取り組んでいく」との考えを示している。

次世代MEC試験環境「Beyond-MEC」のシステム構成

関連記事