光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

「ドコモオープンイノベーションクラウド」を商用提供開始

モバイル/無線 無料

 ドコモは3月18日、ドコモのネットワーク網と接続したクラウド設備を用いたサービスである「ドコモオープンイノベーションクラウド」を3月25日より商用提供を開始すると発表した。また、接続端末とクラウド基盤間の通信経路を最適化することでネットワーク伝送遅延を短縮する「クラウドダイレクト」の提供を、5月下旬以降に予定していることも発表した。

ドコモオープンイノベーションクラウドのイメージ

 「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、低遅延、高セキュリティなど、MEC(Multi-access Edge Computing)の特長を持つクラウドサービスで、ドコモ網内の設備にクラウド基盤を構築することで実現している。これまで「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加するパートナー向けに、「ドコモオープンイノベーションクラウド」のトライアル環境を提供し、33社と技術検証を進めてきた。
 今回、「ドコモオープンイノベーションクラウド」を商用提供開始するにあたり、3月25日に東京拠点を開設する。クラウド基盤には、ドコモが開発した画像認識APIなどの技術や、ドコモおよびパートナーが提供する映像伝送、VR・ARなどの11ソリューションが順次搭載され、5G時代のソリューション・サービスに広く活用されることが期待される。クラウド基盤に搭載するソリューションは順次拡大していくという。
 さらに、5月下旬以降の「クラウドダイレクト」の提供開始にあわせて、神奈川、大阪、大分拠点を開設し、全国4拠点で運用される予定だ。複数拠点の利用を申込むことで、接続先の拠点を柔軟に変更可能な「ネットワーク・オン・デマンド機能」によって、より低遅延なクラウドコンピューティングサービスを利用できる。
 なお、ドコモオープンイノベーションクラウド」提供開始に合わせて、これまで「ドコモ・クラウド基盤」として提供してきたサービスを「ドコモオープンイノベーションクラウド」に統合するという。
 ドコモは、「5Gを通じて、新しい価値の創出や社会課題の解決に貢献し、お客さまの生活がより便利で、豊かなものになるよう努めていく」としている。

「ドコモオープンイノベーションクラウド」概要

  • ドコモのネットワーク網内に設置した安心・安全なクラウド基盤
  • 「ドコモ・クラウド基盤」を統合し、仮想マシンインスタンスや仮想ネットワークなどが利用可能
  • 画像認識APIなどのドコモの技術アセットを活用したソリューションを開発可能

以下の特長を実現する「クラウドダイレクト」に対応

  • 5G時代に求められるネットワークの伝送遅延の低減
  • ドコモのネットワークとダイレクトに接続することによるセキュリティの高い閉域通信
  • 「クラウドダイレクト」の管理機能として、モバイル回線の接続先の閉域網やクラウド拠点をユーザー自身が柔軟に変更できる「ネットワーク・オン・デマンド機能」

仮想マシンインスタンス月額料金は4,000円/月~(東京)
※その他の拠点の料金は5月下旬以降発表予定。

システム構成

関連記事

モバイル/無線

無料 Chunghwa Telecom、台湾で商用5Gを開始【エリクソン】

 エリクソンは7月1日、台湾のChunghwa Telecom(CHT)が、エリクソンの5G RANおよびコアネットワークソリューションを使い5Gネットワークの商用運用を開始したことを発表した。CHTはこの台湾初の商用サ…

更新

続きを見る