光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

KDDI、マツダのコネクティッドサービスのグローバル展開をサポート

IoT/AI/VR 無料

 KDDIは7月14日、2020年秋以降、順次発売されるマツダの車両に、世界各国において高品質で安定した通信を実現する「IoT世界基盤」の「グローバル通信プラットフォーム」に対応した車載通信機を搭載すると発表した。
 また、KDDIはコネクティッドサービス向けのスマートフォンアプリ「MyMazda」の開発と「グローバル通信プラットフォーム」の提供を通じて、マツダの人とクルマのつながりを広げるコネクティッドサービスのグローバル展開をサポートしていくという。

グローバル通信プラットフォーム提供イメージ

 マツダは、130以上の国と地域でビジネスを展開している。また、コネクティッドサービスやコネクティッドカーと連携するアプリケーション「MyMazda」を2019年から提供しており、KDDIは、「MyMazda」の開発と国内の通信回線を提供し、マツダはコネクティッドサービスのグローバル展開に伴う国ごとに通信回線の契約、管理を行っていた。

 今回搭載するKDDIの「グローバル通信プラットフォーム」は、グローバル共通の車載通信機を搭載した車両の位置情報から、国・地域ごとに選定した通信事業者への自動的な接続・切り替えと通信状態の監視を統合的に行うもの。これにより、コネクティッドカーに必要な、高品質かつ安定した通信をグローバルで維持することが可能になる。

 また、通信規格が異なる国・地域における通信回線の一元管理が可能になり、遠隔での回線制御や状態把握をシームレスかつ低コストで実現する。「グローバル通信プラットフォーム」に対応した車両は、2020年秋以降、世界で順次販売開始されるという。

 なお、車両の認証認可を行うシステムにはトヨタ自動車が提供するクラウド「トヨタスマートセンター」が活用される。

 今回の取り組みにあたり、マツダ 執行役員の木谷昭博氏は「マツダは『人間中心』の開発哲学にもとづき、クルマを通じた体験や感動の共有によって人・社会をつなげ、いつまでも人間らしい心豊かな『生きる歓び』が実感できるコネクティビティ技術の開発に挑戦している。今回のKDDIの『グローバル通信プラットフォーム』の活用を通じて、マツダは世界中のお客様に、 高品質で安定したコネクティッドサービスを提供していく」とコメントを出している。
 KDDIは「今後も『グローバル通信プラットフォーム』および『MyMazda』の開発・提供を通じて、お客さまのカーライフをより安心、快適、そして楽しんでいただけるマツダのコネクティッドサービスのグローバル展開を支援していく」との考えを示している。

関連記事