光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

通信衛星Superbird-9の衛星打ち上げサービス調達契約をSpaceX社と締結【スカパーJSAT】

テレコム 無料

 スカパーJSATホールディングスは8月18日、100%子会社であるスカパーJSATが通信衛星『Superbird-9』の打ち上げサービス(ロケットの調達および衛星打ち上げ輸送サービス)の調達先として米SpaceXを選定し、同社と契約を締結したことを発表した。

 『Superbird-9』は、フルデジタル化された通信ペイロードを搭載することにより、宇宙空間においても自由に通信地域や伝送容量を変更することができる「フレキシブル衛星」だ。日本をはじめとする東アジア諸国において、15年以上にわたり大容量かつ極めて自由度の高い通信を行う能力を有しており、多様なニーズに対応できる衛星通信サービスを提供する。
 『Superbird-9』は、2024年にSpaceXの大型ロケット『Starship』によって打ち上げられる予定だ。『Starship』は完全に再利用可能な輸送システムで、世界で最も強力な打ち上げロケットだという。

 スカパーJSATは「『Superbird-9』の打ち上げに向け、引き続きSpaceXと協力していく」としている。

通信衛星『Superbird-9』概要

関連記事

テレコム

無料 世界初、宇宙光通信機能と受信方向検出機能を統合した光受信器を開発【三菱電機】

地球上のあらゆる場所での高速・大容量通信の実現に貢献  三菱電機は5月31日、レーザ光線を利用した宇宙光通信機能と、レーザ光線の受信方向を検出する受信方向検出機能を統合した宇宙光通信用光受信器を、地上光ファイバ通信などで…

更新

続きを見る