光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

5G対応車載アプリケーション開発用ソリューションでdSPACE社と協業【アンリツ】

IoT/AI/VR 無料

 アンリツは1月29日、コネクテッドカー向けの次世代型自動車アプリケーションの開発を強力にサポートするため、dSPACE社(ドイツ)と協業し、Mobile World Congress 2020(MWC2020)で共同展示を実施すると発表した。
共同展示はアンリツブースで行われ、アンリツのラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000AとdSPACEのSCALEXIOリアルタイムシステムを組み合わせ、5G対応車載器アプリケーション試験のデモンストレーションを行う。
 デモンストレーションでは、スマートインフラおよび実際の5Gネットワークを使用した仮想テストドライブ環境を構築し、V2Iアプリケーションをエンドツーエンドで試験するという。

共同展示の背景

 5G通信システムとEdge Cloudの組み合わせにより、高データスループットかつ低レイテンシの情報伝送が可能となり、センサデータを車両やインフラ間で共有できるようになる。
 これにより、協調認知、AIに基づいた群知能によるトラフィック(交通)の最適化がリアルタイムで可能となり、自動運転の安全性と快適さがさらに向上するとともに、環境への負荷も低減することができる。
 こうしたアプリケーションを開発する場合は、5Gテストシステムが必要となる。

デモンストレーションの概要

 デモンストレーションは、5G無線周波数(RF)試験およびプロトコル試験を可能とする一体型テストソリューションであるアンリツのラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000Aと、要件の厳しいHardware-in-the-Loop(HIL)シミュレーションやラピッドプロトタイピングにも対応したdSPACEのSCALEXIOリアルタイムシステムを組み合わせたテストシステムで行う。
 さらに車両およびインフラをシミュレートするためのオープンなSimulinkであるdSPACE Automotive Simulation Models(ASM)によってSCALEXIOを補完することで、仮想テストドライブのシミュレーションを実現させています。これにより、V2Xのデバイスやアプリケーションを実際の運用に即してテストできる。
 また、dSPACEが開発中の専用のソフトウェアインターフェースをMT8000Aに接続し、リアルタイムシミュレーション中に、バックエンドで5Gモバイルデータリンクを制御できる環境も紹介する。
 dSPACEのコネクティビティ担当者であるGregor Hordys氏は「このソリューションにより、現地のインフラに依存せず、ラボで5G通信やエッジコンピューティングを利用した接続型の協調自動運転アプリケーションを早期に開発し、車両・ネットワーク間の一連の処理の妥当性を検証できる」と述べている。
 アンリツのグローバルマーケットテクノロジ部門の責任者であるJonathan Borrill氏は「両社の共同作業で生まれたこの強力なソリューションにより、5G V2Xのテストおよびエミュレーションを加速させることができる。業界の先駆けとなるこのデモでは、5G V2Xアプリケーションの開発向けの極めて刺激的なプラットフォームが示されている」とコメントを出している。

dSPACEについて

 dSPACEは、最新の電子制御システムの開発およびテスト用ハードウェアおよびソフトウェアツールの分野における世界的なリーディングカンパニーだ。30年以上にわたり、dSPACEの高品質なソフトウェアおよびハードウェアツールは、ユーザの開発および技術革新を支援し、開発時間とコストを大幅に削減してきた。
 MicroAutoBoxラピッドプロトタイピングシステム、HILシミュレータ、量産コード自動生成ツールTargetLinkなどの先駆的なdSPACEの製品は、車載エレクトロニクス開発向けのデファクトスタンダードとなっている。
 dSPACEのツールは、自動車以外にも航空宇宙産業、メディカルエンジニアリング、産業オートメーション、Electric Driveテクノロジなど、さまざまな分野で利用されている。また教育機関でも技術者の育成にdSPACE製品が広く使われている。
 dSPACEは、ドイツのパーダーボルンにある本社をはじめ、プロジェクトセンター、子会社、販売代理店からなるグローバルネットワークを通じて、世界中で1,700名のスタッフが製品・サービスを提供している。

関連記事