光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

つくばフォーラム2017Preview【NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)】

期間限定無料公開 有料

 ブースでは、ネットワークの構築から運用まで様々なシーンで役立つ製品、ソリューションが展示される。
 大規模ネットワーク運用監視では、新たにアクティブ測定機能を追加。MTフェルール全面を一括測定する寸法検査装置も新たに開発されている。有線/無線LANのネットワークテスタや、同社施設によるWi-Fi機器の評価・検証サービスも紹介される。

スケーラブルな大規模ネットワーク運用監視ソリューションからMTフェルール寸法検査装置まで幅広く展示

大規模ネットワーク運用監視ソリューション

 通信トラフィックやログデータを収集し、それらを関連付けて高度な解析及び可視化ができるソリューションを提案している。保守運用部門におけるサービス品質管理やトラブルシューティング、そしてサービス企画部門におけるサービス分析等、様々な部門で広く活用できるものだ。NTT-ATは「ネットワーク端点にプローブ機能を実装した安価なNID(Network Interface Davice)を分散配置し、NOC側でNETSCOUT社のサービスアシュアランスソリューション“NetScout nGenius”により管理する構成だ。これによりスケーラブルな運用監視環境を構築でき、数千VLAN、数千セグメント、数百拠点まで運用監視ができる」としており、「NIDに関しては今年からACCEDIAN社の製品を組み合わせており、例えばあるセグメントで品質劣化を検知した際にその部分をアクティブに測定できるなど機能が向上した」と説明している。この2社の製品を組み合わせて販売しているのは同社のみで、ネットワーク検証に精通した部門による導入前のトライアルを含めた提案力は、市場で高い評価を得ている。
 他の機能として、監視単位毎のKPIをリアルタイムに分析し、ダッシュボードに表示できる。また、トラフィックのベースラインを自動学習できるので、例えば学習した基準値から剥離したトラフィックが検知された場合にアラートを出力することが可能で、外部からの攻撃を含め、異常を迅速に把握できる。

MTフェルール全面を一括測定する寸法検査装置

 NTT-ATはMTフェルールの寸法、偏心量を高精度かつ高速に計測する検査装置を開発。発売前のデモ展示となる。
 MTフェルールをセットするだけで、ピントあわせをすることなく計測が可能だ。シングルモードMTフェルールの接続損失で必要な計測精度0.1μmを、測定解析時間約10秒で実現しており、製造ラインの効率化を図ることができる。NTT-ATは「MTフェルール全面を一括で測定できるので、ステージを省くことができた。画像解析のアルゴリズムも開発しているので、1視野での計測でありながら全ての心に対して高精度な検査を実現している」と話す。
 心数ラインナップも充実しており、12心、24心はもちろん、16心、32心、更には84心にも対応できる(2心~84心)。製造ラインで場所をとらないよう、テーブルに置けるコンパクトな装置に仕上げている(本体:W420mm×D220mm×185mm)。

有線/無線LANのネットワークテスタ

 NTT-ATはNETSCOUT社の有線/無線LANネットワークテスタも扱っており、シンプルなハンディ型測定器から多機能なアプライアンス型測定器までラインナップを豊富に揃えている。これらは以前Fluke Networks社製品として日本でも提供されていたので、LAN測定の現場では馴染みの深いものだ。
 今回は、有線と無線兼用のオールインワンツールや、無線LANテスタ、有線LANの接続テスタなどのハンディ型テスタが展示される。NTT-ATは「旧Fluke Networks社製品の保守も引き継いでおり、リーズナブルな販売価格でご提案している」と話している。

Wi-Fi機器評価・検証サービス

 NTT-ATはキャリアの様々なネットワークを検証してきた知見を活かしたWi-Fi機器評価・検証サービスを提案しており、実績が伸びているという。
 最新のWi-Fi規格に対応した測定器を完備した同社のラボで疑似環境を用意し、実運用を想定した負荷状態で検証をする。Wi-Fi機器の電波強度測定から、AP機能・性能検証、そしてWi-Fiシステム全体の検証まで幅広く対応できる。
 製品の実測値を確認してトラブルを未然に防ぐことや、構築後に環境変化でパフォーマンスが下がった際の原因究明など、用途は様々だ。NTT-ATは「認証サーバも含め、上位レイヤの試験もできる」と話している。

特集目次

小林所長インタビュー
展示会概要
展示会場の見どころ
「テーパーダイア鉄蓋」を開発【NTT】

出展社ピックアップ

アンリツ
Viaviソリューションズ(旧JDSU)
NEC
NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)
FXC
協和エクシオ
三和電気工業
住友電気工業
日本コムシス
原田産業
フジクラ
丸文
三喜
三菱電機
横河計測(旧社名:横河メータ&インスツルメンツ)

関連記事

データセンタ/LAN

無料 業界初、単芯および8~32 芯までのMPO コネクタ端面全面の汚れを、1回の操作で確認できるMPO/単芯両用コネクタ端面検査カメラ【フルーク・ネットワークス】

光ファイバ障害の主原因であるコネクタ端面の汚れを瞬時に自動合否判定が可能  TFF フルーク(以下、フルーク・ネットワークス)は3月3日、光ファイバ障害の主原因であるコネクタ端面の汚れについて、単芯および8~32芯までの…

更新

続きを見る

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 Interop Tokyo2018特集【原田産業】

 原田産業は400GおよびFLEXイーサネットに対応したEthernetテスタや、ネットワーク装置のモニタリングシステム、データセンタなどのLANケーブルの認証試験器、そして新たに扱いを始めたTrimbl…
更新

続きを見る