光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

つくばフォーラム2017Preview【NEC】

期間限定無料公開 有料

 NECのブースでは、IP8800シリーズスイッチを利用してサイバー攻撃からIoTデバイスを守る「ホワイトリスト機能で造るセキュアIoTネットワーク」、テレコムキャリア/DCI向け光サービスプラットフォームを紹介する。
 光サービスプラットフォームには、FTTHアクセス、アクセス網、メトロ網、コア網、データセンタ網のそれぞれに製品をそろえているが、今回展示紹介するのはコア網以外の全ての製品。

セキュアIoTネットワーク、キャリア/DCI向け光製品を紹介

テレコム/DCI向け製品群を紹介

 テレコムキャリア/DCI向け光サービスプラットフォームとしては、キャリア向けは、FTTHアクセス、アクセス、メトロネットワーク向けの製品、データセンタ向けはSpectralWave DC080 1.6TbpsのWDM装置を紹介する。

データセンタ向けWDM装置

 DCI向けWDM装置は、1Uサイズで世界最高水準の1.6Tbpsの伝送容量。1BOXに400Gのブレードを最大4枚実装可能。ブレードは、CFP2-ACO×2、QSFP28×4が実装可能となっている。
 今秋には海外の特定顧客向けに評価機の出荷が予定されている。ターゲット市場は、まずは海外市場。

従来の2筐体を6U 1筐体に圧縮したメトロ向けSpectralWave

SpectralWave DW7000(Metro)。光の共通部を1枚のカードに圧縮し、6Uの筐体に2方路分の共通部分+7~8枚のトランスポンダを収容。

 コア向けに製品化したSpectralWaveを一部機能改善/変更してメトロ向けに特化した。光共通部分を圧縮して1枚のカードにしたことで、6Uの1筐体に2方路分の共通部+トランスポンダ7~8枚を収容。
 この装置の特筆すべき点は他にもある。メトロ市場向け装置なので、100G多重伝送は言うまでもないが、ユーザの要求は、それとは別に低速のSDHに対応していることだ、とNECは考えている。ユーザの要求に応えてNECは、ODUのクロスコネクトの機能を内蔵したWDMトランスポンダを開発した。これにより、SDHのSTM-1、4、16、64を全て収容してOTUヘッドをつけ、100GにしてWDMで伝送することができる。既存ネットワークに低速の伝送は、まだたくさんある。このボックスは、それらを100Gに詰め込んで伝送できる。競合ベンダは、ODUクロスコネクトという別の筐体を用意していることが多いが、NECはメトロ装置一台に収容できる。

アクセス向けは、FTTH用10G-EPONシステムとパケット光統合装置

 FTTHアクセスNS2480は10G-EPONシステム。すでに導入してサービスを開始しているユーザも存在。現在、初期のOLT置き換え需要で導入されつつある。アクセス網向けの参考出品は、10G WDM(24ch)を内蔵したパケットスイッチ(AW200・AW2000)。ターゲット市場は、道路、鉄道、電力、キャンパスなど。

デモンストレーション予定の「ホワイトリスト機能で作るセキュアIoTネットワーク」。IP8800スイッチを使ったアプローチでは、自分自身を守れないIoTデバイスをホワイトリスト機能で保護する。

特集目次

小林所長インタビュー
展示会概要
展示会場の見どころ
「テーパーダイア鉄蓋」を開発【NTT】

出展社ピックアップ

アンリツ
Viaviソリューションズ(旧JDSU)
NEC
NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)
FXC
協和エクシオ
三和電気工業
住友電気工業
日本コムシス
原田産業
フジクラ
丸文
三喜
三菱電機
横河計測(旧社名:横河メータ&インスツルメンツ)

関連記事

期間限定無料公開

有料 CATVのネットワークサービスやIP映像伝送を支える最新の伝送製品、無線端末、管理ソリューション【住友電工】

 住友電気工業(以下、住友電工)はCATV市場で培ってきたRF技術に加え、通信分野で長年の実績があるIP技術を併せ持っており、RFとIPの双方でヘッドエンドから加入者端末までのソリューションを提供できる点…
更新

続きを見る

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る