光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

FOE専門技術セミナー委員インタビュー【FOE-1】 光技術の今後と新たな展開~通信市場と新たな市場への展開~

INTERVIEW 有料
三菱電機(株) 通信システム事業本部 技師長 本島 邦明氏

三菱電機(株)
通信システム事業本部
技師長
本島 邦明氏

コースリーダー :
三菱電機(株) 本島 邦明
サブリーダー :
富士通オプティカルコンポーネンツ(株)
國兼 達郎

 このセッションでは、産総研より世界から注目されている日本の技術、Ovumより世界の光コンポーネント市場動向、そして日本ケーブルラボより新たな光通信市場として拡大しているCATVの光化について解説される。
 本島氏は「日本の研究の中心である産総研からは将来の光技術という夢のある話、Ovumからは現在の市場動向のポイント、日本ケーブルラボからは光市場の広がりという明るい話題を講演して頂く」としている。

ポストムーア時代に向けた光技術の展望と課題
(国研) 産業技術総合研究所
電子光技術研究部門
副研究部門長 データフォトニクス・プロジェクトユニット代表
並木 周

 講演では光および情報通信産業の市場・技術動向を俯瞰した後、ムーアの法則の終焉に向けた情報通信インフラの変革について考察する。これによる光通信および光デバイス産業への影響について言及し、新しい市場形成への機会と課題を探る。
 ポストムーアにおいて注目されている計算能力の飛躍的向上。その実現にはエクサビット級光ネットワーク技術の開発が必要となる。産総研がどのような議論をし、日本としてどのように対応していくのか、興味深いところだ。講師の並木氏は学会でのステータスも高く、今年はIEEEフェローに昇格している。本島氏は「シリコンフォトニクスを使った光スイッチといった面白いシステムを開発されている方だ。今回はその要素技術として、世界に誇れる日本の技術を解説して頂く」と話す。
 高機能な光回路の形成には、半導体レーザ、光変調器、光スイッチ、合分波器など、多くの光回路デバイスを一体集積化した光集積回路の開発が重要であり、その構成に必要不可欠な光アイソレータも注目を集めている。半導体レーザなどのアクティブデバイスと光アイソレータを一体集積化するためには、半導体上に異種結晶・磁気光学ガーネットを一体集積する技術を開発する必要がある。「東京工業大学がシリコン光回路の光アイソレータの動作実証に成功したというエポックメイキングもある。産総研のシリコンフォトニクススイッチはOFC2017でも注目のトピックスとして挙げられているので、非常に期待できる分野だ」(本島氏)。

光コンポーネントにおける主要市場の最新動向
Ovum,
Next Generation Infrastructure, Principal Analyst,
Julie Kunstler

 光コンポーネント市場および、市場の主要促進力と市場予測を概説し、電気通信、データ通信、アクセスなどのさまざまな市場セグメントごとに光コンポーネントの今後を予測、検証する。また、中国、北米、欧州などの主要地域に焦点を当ててデータセンタ市場を分析する。
 講師のKunstler氏はOvum社の主席アナリストとして、有線ブロードバンドアクセス用部品・装置を専門としている。研究分野は、PON、次世代PON、コスト削減、光学層マネジメント、世界規模でのFTTx普及戦略など幅広く、FOE技術セミナーでも講師を複数回務め、毎回好評を博している。本島氏は「システムからコンポーネントまで語れる人物で、今までシステムの講演をして頂く機会が多かった。今年はコンポーネントについて市場動向を解説して頂く」と話す。

次世代ケーブルテレビの技術展望
(一社)日本ケーブルラボ
専務理事
松本 修一

 ケーブルラボが描くオールIPマイグレーションに向かう10年後のケーブルテレビのグランドデザインとこれを支える次世代PONと5Gモバイル、ネットワーク仮想化、ケーブルIoTと地域BWA、クラウドDVR、ケーブル4K/8Kサービスと次世代STBなどの主要技術を紹介する。
 CATVでは西日本を中心にFTTH化が進んでおり、既に10G-EPONを導入している事業者もある。また、昨年11月にはイッツ・コミュニケーションズがサービスエリア全域をFTTH方式へ移行すると発表している。「講師の松本氏はCATVの光化に積極的な方だ。4K/8Kに関連する光のポジティブな話を期待している」(本島氏)

(OPTCOM編集部 柿沼毅郎)

FOE専門技術セミナー委員Interview一覧

【FOE-K】 5G・データセンター・IoT ~光ネットワークで広がる未来~
【FOE-1】 光技術の今後と新たな展開~通信市場と新たな市場への展開~
【FOE-2】 データセンタネットワーク戦略と最新の技術動向
【FOE-3】 急成長する映像配信サービス市場 ~事業者の戦略とIP配信技術の最新動向~
【FOE-4】 5Gで変わること、光通信に期待されること
【FOE-5】 大洋横断からデータセンタや各家庭まで、くまなく展がる情報網を支える光ファイバ技術
【FOE-6】 【基礎講座】クラウド・データセンタを支えるトランシーバの基礎と測定
【FOE-7】 基礎から実用化アプリケーションまで、シリコンフォトニクステクノロジーの最新動向
【FOE-8】 グローバル規模で急拡大する光アクセスサービスの最新動向とそれを支えるPON技術
【FOE-9】 次世代超高速光通信トランスポートネットワークを支える光部品の最新技術動向
【FOE-10】 超高速トランシーバの最新動向

関連記事

期間限定無料公開

有料 CATVのネットワークサービスやIP映像伝送を支える最新の伝送製品、無線端末、管理ソリューション【住友電工】

 住友電気工業(以下、住友電工)はCATV市場で培ってきたRF技術に加え、通信分野で長年の実績があるIP技術を併せ持っており、RFとIPの双方でヘッドエンドから加入者端末までのソリューションを提供できる点…
更新

続きを見る

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【ナノ光技術で光コンピューティング基盤の創生に挑戦】

 NTTは、電子回路だけでは不可能な情報処理の低遅延化に向けて、光技術をコンピューティング領域へ導入することに挑戦している。NTTではこの数年で新しいナノ加工技術を確立し、光と電子回路のインターフェイスと…
更新

続きを見る