光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

通信・放送Week2017 出展製品Preview【ファーウェイ ジャパン】

期間限定無料公開 有料

Simplified Networking、CloudFANなどを紹介

 華為技術日本(Huawei Japan)のブースでは、同社がグローバルに展開しているコンセプト、Simplified Networking、SDNコントローラ機能内蔵NG-OLTを特徴とするCloudFANなどを紹介する。併せて同社ブースには、OFC2017で紹介されたばかりの5G Ready Transport Solutionのパネル展示、VRによる仮想展示ルーム体験などが用意されている。

シンプリファイド・ネットワーキング

 Simplifiedとは、言い換えればWDM Everywhere。これまでコアで使われていた技術が小型化、低コスト化していることから、メトロで使える技術として2つ紹介する。
 1つは、Huawei自社製品、ラインモジュール200G(OTUC2) 16QAM CFPコヒレント光トランシーバ。もう1つのクライアントモジュールは、2×100GE QSFP28。サイズ約25×25㎝のカードで、現状は試作品であるが、商用化は今年中。
 この領域では、これまでは固定OADMだったが、ROADMも小型化、低コスト化が進み、2U、5Uの小型WDM装置に入るようなROADMカードになっている。他にも100GのMUXponder、CFPは一芯双方向通信できるようになっている。
 これらにより、100Gメトロがコンパクトに構築できるようになった。これまでコアの技術だったものがコンパクトになってメトロでも使えるようになっている現状を紹介する。
 もう1つは、アクセスまでWDM/OTNが浸透すると言う視点で、モバイルフロントホールを紹介する。
 今後のアクセスについてHuaweiは、「今では2.5Gbit/sのCPRIを束ねて送るが、今後CPRIのレートが上がり、また束ねるCPRIの数が増えてきているので、いかに低コストで高速化するかが課題。ネットワークのアンテナの位置、ビルの上までWDMが出てくる」と説明している。
 紹介するのは、業界初のフルアウトドア(FO) OTNモジュール。モバイルのアンテナの下にあるRRU装置とほぼ同形状になっており、その装置のサイドに取り付けて使用する。
 ライン容量は50G×2=100G、DMT変調。12~15 any CPRIサービス(CPRI2/3/4/5/6/7)、GE、10GE、25GEをサポート。

 法人向けのメディコン的なボックス、CPEを紹介する。これはOTU2アップリンクをサポート。現状は、エンタプライズとセンタ間はメディコン、Ethernetで接続して専用線につながる構成だが、これをOTU2にする。こうすることで、エンド・ツー・エンド(E2E)でOTU2のパスが作れ、管理が容易になる。まさしくSimplified Networkingである。

CloudFAN

 アクセス系、PON OLTの高機能化が進んでいる。日本メーカーのOLTは、PONのインタフェースだけだが並んでいるが、グローバルにはL2、ルータ機能内蔵がトレンドになっている。さらに、最近ではバーチャルルータ機能、VxLAN、MPLSを使ってVPN直結も可能。
 このコーナーでは、高機能化が進む光アクセス、CloudFANを紹介する。仮想化してリソースを分割できるOLTとクラウドプラットフォームを組み合わせている。クラウドプラットフォームには、SDNコントローラ機能、サービスを提供するサーバがある。それによって、アクセスでいろんなサービスを収容し、提供する。

 この他、ケーブルテレビ用のモデム、DOCSIS 3.1モデム、MIMOのWiFiが入ったコンパクトサイズの製品も紹介する。

 

CloudFAN AnyService。Huaweiは、AnyMediaを主張している。ファイバ、銅線、同軸、WiFi、ケーブルメディアコンバータ、CMTSなど様々なメディアがつながる。
 リソースを分割して仮想的なOLTが何台もあるように運用できる。

目次

アンリツ
Viaviソリューションズ(旧JDSU)
FXC
NTTアドバンステクノロジ
キーサイト・テクノロジー
三和電気工業
精工技研
扇港産業(SENKO)
データコントロルズ
日新化成
日本テレガートナー
ネオトロン
ハイテック
原田産業
ピーエスアイ
光貿易
ヒキフネ
ファーウェイ ジャパン
フジクラ
三喜
横河メータ&インスツルメンツ
ローゼンダールネクストロム

関連記事

特集

有料 「NTT R&Dフォーラム2018(秋)」に見る通信キャリアの最新技術【超低消費電力シリコン光回路により、データセンタ・情報通信機器を低消費電力化】

 NTTはデータセンタの消費電力を抑える方法の一つとして、サーバ間の接続で大量に使用されている光トランシーバ自体の消費電力を抜本的に下げる研究を進めている。担当者は「トラフィックの増加とともに上昇するサー…
更新

続きを見る

期間限定無料公開

有料 つくばフォーラム2018Preview【FXC】

●Ethernet OAM対応の小型メディアコンバータや、1Uサイズの200G伝送装置  FXCでは、ハイエンド新製品Ethernet OAM対応メディアコンバータ…
更新

続きを見る

SpecialReport

有料 CIOE2018レヴュー

 今年のCIOEでは、昨年のトレンドを引き継いで5G関連製品と高速データセンタ向け製品の展示が非常に目立っていた。だが、中国国内において現在5G需要に関しては既に動き始めているものの、大型データセンタ建設…
更新

続きを見る

テレコム

無料 世界初、400GbE & 100GbE対応コアルータの性能をパフォーマンステスタで実証する“異速度インターワークライブデモ”をInterop Tokyo 2018で公開【東陽テクニカ】

現行コアネットワークへの400GbE技術導入を加速  東陽テクニカは、Spirent Communications社(以下、Spirent社)の新ラインアップであるIPパフォーマンステストツール「Spirent Test…

更新

続きを見る