光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

通信・放送Week2017 出展製品Preview【アンリツ】

期間限定無料公開 有料

PAM4デバイスのBER測定や、100 GbE/25 GbE光モジュールのBER測定とアイパターン解析

 光の伝送装置から回線まで、光ネットワークに関するあらゆる課題を解決する測定器をラインナップし、高品質な光デバイスも提案しているアンリツ。今回の注目は100GbE/25GbE光モジュールの製造に適したサンプリングオシロスコープの新製品や、32Gbaud/64Gbaud PAM4 BERの新しい測定ソリューション。また、100Gポータブルトランスポートテスタも新たに提案する。

100GbE/25GbE光モジュールの生産性向上を実現するAll In One測定器

 今年2月に発売された「BERTWave MP2110A」は、サンプリングオシロスコープと4チャネルBER測定器を一体化し、1台で100 GbE/25GbE光モジュールのBER測定とアイパターン解析を同時に行える製品。2台の測定器を用いた場合に比べて測定時間を約1/3まで短縮している。
 25Gbpsの信号を1Mサンプルした場合、約5秒で測定を完了できるので、従来機種と比較してアイパターン解析時間を約65%削減したことになる。同社は「お客様からはサンプリングが速いとご評価を頂いているので、製造ラインの出荷検査時間の短縮に貢献できる製品としてご提案していく」と話す。
 製造ラインを想定した測定機だが、開発用途でも使用できるスペックを備えている。筐体は従来のサンプリングオシロスコープよりも小型だ。マスクマージン、ジッタ、Tr/Tfなど各種測定項目を自動測定可能。

「BERTWave MP2110A」

32Gbaud/64Gbaud PAM4 BERの新しい測定ソリューション

 今年1月に発売された「32 Gbaud Power PAM4 Converter G0375A」と「32 Gbaud PAM4 Decoder with CTLE G0376A」を使うことで、シグナル クオリティ アナライザ「MP1800A」シリーズにおけるPAM4 BER測定を強化できる。また、昨年10月には「64 Gbaud PAM4 DAC G0374A」もラインナップしており、「MP1800A」シリーズでの400 GbE 53.125 Gbaud BER測定を可能としている。ロングセラー製品である「MP1800A」を流用できるので、所有しているユーザはPAM4測定ソリューションを安価に揃えることができる。同社は「G0375AとG0376A、そしてG0374Aは小型のリモートヘッドなので、短いケーブルで直接DUTに繋ぐことができ、高品質波形のPAM4信号を供給することが可能だ」と話す。
 「G0375A」は、28G/32Gbps PPG「MU183020A」と組み合わせることにより、32 Gbps NRZ信号をPAM4信号へ変換し、高振幅4.4 Vp-p(Differential, max.)信号を出力することができる。さらに、PAM4信号の3つのEye振幅を独立に制御できることから、外部ドライバアンプなどを使用せずに、再現性の良い光変調器の評価をサポートする。「G0376A」は、PAM4デコード機能とCTLE機能を搭載し、PAM4デコードした2値信号を28G/32Gbps High Sensitivity ED「MU183040B」で測定することにより、PAM4信号のBER測定を実現する。CTLE機能と組み合わせることで、入力感度性能検証の効率化も可能だ。同社は「G0376Aは伝送路ロスを補償した信号のBER測定をしたいというご要望にお応えできるソリューションだ。イコライザは規格に準拠した特性を持っており、dBの設定を変更しながらエラーレートを測ることができる」としており、「G0375Aは非線形の波形にも対応している。EA変調器の場合、NRZ信号を光信号に変調した際にクロスポイントが下がってしまう傾向があるので、正しいアイマージンを測るためには、クロスポイントの位置を予め上にした信号を出力できるPPGが必要だった。PAM4信号の場合も同様に光出力レベルに非線形性がある。そこでこのソリューションではPAM4信号の3つのEye振幅を独立に調整することができる」と説明する。

オールインワン小型トランスポートテスタが100Gに対応

 ネットワークマスタ プロ「MT1000A」は、1.5Mbpsから10GbpsのOTN、イーサネット、SDH/SONET/PDH/DSn、ファイバチャネルなどの様々な通信ネットワークの建設・保守に必要となる機能、性能を備えているオールインワントランスポートテスタ。それぞれの規格に対して2ポートの同時測定が可能だ。今年3月には25/40/100Gにも対応している。
 PTPやCPRIにも対応しているので、モバイルネットワークにも最適な製品だ。同社は無線の測定器も扱っており、有線と無線の融合が進む同市場にバランス良く製品を提案できる。

目次

アンリツ
Viaviソリューションズ(旧JDSU)
FXC
NTTアドバンステクノロジ
キーサイト・テクノロジー
三和電気工業
精工技研
扇港産業(SENKO)
データコントロルズ
日新化成
日本テレガートナー
ネオトロン
ハイテック
原田産業
ピーエスアイ
光貿易
ヒキフネ
ファーウェイ ジャパン
フジクラ
三喜
横河メータ&インスツルメンツ
ローゼンダールネクストロム

関連記事

海外TOPICS

有料 PacketLightが4x400Gのmux/demuxをリリース

 PacketLightNetworksは11月18日(テルアビブ)、mux/demux「PL-4000T」をリリースした。このソリューションは、サービスプロバイダ、企業、キャンパス、政府、およびクラウド…
更新

続きを見る