光通信、映像伝送ビジネスの実務者向け専門情報サイト

光通信ビジネスの実務者向け専門誌 - オプトコム

有料会員様向けコンテンツ

「通信・放送Week 2022」出展製品Preview【キーサイト・テクノロジー】

期間限定無料公開 有料

120 GbaudのBERTや、超高速デジタルコヒーレント光伝送評価のAWG

最大120 Gbaud対応のBERTソリューション

 3月に発表された最大120 Gbaud対応のBERTソリューション「M8050A」がブースで紹介される。同社は「BERTでは初のPAM4ネイティブであり、120 Gbaudの信号品質は我々も驚くほどキレイな波形が出る。OFCでも大きな反響が有った」と話している。
 このソリューションはモジュラー形式となっており、追加していくことでフルスペックになる。その第一弾が、今回紹介される120Gbaud PAM-N 出力 パルスパターンジェネレータとなる。UXRシリーズオシロスコープと組み合わせ、120GbaudまでのBER測定に対応。同社は「お客様からBERTの段階的なピースの順番をリスニングして、ロードマップを作製した。その中で、信号源だけでも欲しいというお客様が多かった。現在はNRZ、PAM4に対応しており、9月リリースのソフトウェアでPAM6やPAM8にも対応予定だ」と話している。
 その他の特長は次の通り。

  • 400GbE/800GbE電気I/F (TP1)試験に必要な、ストレス印可波形作成ソフトウェア
  • 7 tap de-emphasis。各タップ0.5%分解能で調整可能なパワフルな伝送路補償
  • 120GBdにて100mV-1.4Vpp 差動出力対応

「M8050A」BERTによる120 Gbaud PAM4波形。会場では実機展示を予定。

超高速デジタルコヒーレント光伝送評価

 デジタルコヒーレント計測ソリューションではAWG「M8199A」を展示。同社は「以前からご例案している製品だが、現在も世界最高性能だ。ブースではオシロスコープと接続して動態展示をし、エンジニアが解説する」と話している。主なスペックは次の通り。

  • 140Gbaud対応の超広帯域
  • サンプリングレートは史上最速の256 GSa/s
  • アナログ帯域幅70 GHz
  • < 75 fsの超低ジッタ
  • リモートヘッド構成
  • 最大16チャネル同期出力
  • 多彩な信号生成ソフトウェア(Iqtools、OMG software)

 「M8199A」の超高速デジタルコヒーレント光伝送評価では、リアルタイムオシロスコープ「UXR1104A」(256GSa/sサンプルレート、110GHz帯域)を110GHz光コヒーレ ントレシーバを組み合わせた光変調アナライザ「N4391B」 (110GHz帯域高性能光フロントエンドと最新アルゴリズムを搭載)と見立て接続し、EVM測定等のDemoが実施される。

「M8199A」とリモート・サンプリング・ヘッド「N1046A」によるPAM4 144 Gbaud電気信号。

特集目次

「通信・放送Week 2022」開催直前 主催者インタビュー
最新製品と将来技術を知る展示会

■光通信技術展 専門技術セミナー委員インタビュー

中村 二朗氏【NTTアドバンステクノロジ】
FOE-K IOWN構想の実現に向けて

土井 健嗣氏【日本電気】
FOE-1 光トランシーバーの最新動向と新冷戦による影響
FOE-13 クライアント側高速光トランシーバの動向、データレートとフォームファクタの進化

石部 和彦氏【アンリツ】
FOE-2 Siフォトニクス(トランシーバ技術)アイオーコア社の最新技術動向
FOE-6 ハイパースケールDC向け800Gbps/1.6Tbps光トランシーバの標準化・技術動向

清水 克宏氏【三菱電機】
FOE-3 Beyond 5G/6G時代の超拡張性を実現する光衛星通信
FOE-5 コヒーレント光センサ技術の応用例と今後の展望

鈴木 貴智氏【キーサイト・テクノロジー】
FOE-4 プラガブル光トランシーバ測定の基礎

佐藤 良明氏【NTTエレクトロニクス】
FOE-7 Telecom Infra Project ~オープンかつディスアグリゲートされた、持続可能なトランスポートネットワークの構築~

笹岡 英資氏【住友電気工業】
FOE-8 伝送用光ファイバの基礎と将来展望

谷口 和彦氏【富士通オプティカルコンポーネンツ】
FOE-9 空間分割多重光伝送技術の最新動向と今後の展開
FOE-12 光とASIC(特定用途向け集積回路)のコパッケージへの挑戦

太田 寿彦氏【古河電気工業】
FOE-10 海底光ケーブルシステムの大容量化に向けた技術動向
FOE-14 化合物半導体/シリコン異種材料集積技術を用いた光集積回路

和田 悟氏【フジクラ】
FOE-11 IOWN構想実現に向けた光ファイバ技術への期待と今後の展望

岡安 雅信氏【華為技術日本】
FOE-15 Beyond 400Gコヒーレント光トランシーバの市場・技術動向

■「通信・放送Week 2022」出展製品Preview

アダマンド並木精密宝石
NICT採択の自己形成導波路など紹介

NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)
ネットワーク保守、インフラ設備保全、光コネクタ製造を幅広く展示

キーサイト・テクノロジー
120 GbaudのBERTや、超高速デジタルコヒーレント光伝送評価のAWG

精工技研
作業効率の良い同社オリジナルのLCユニブーツコネクタや、機能が追加された光コネクタ研磨機

センコーアドバンス
高密度型SN-MTコネクタを用いた400G伝送ライブデモ

光貿易
超高速RFモジュール製作請負サービスや、他の追随を許さぬ超高分解能OSA

横河計測
多心ファイバ測定に優れたOTDRや、高分解能と高速測定を両立したOSA

関連記事

海外TOPICS

有料 FIBERSTAMP が800G QSFP-DD PCCを発売

 FIBERSTAMPは6月22日、パッシブDACケーブルアセンブリ800G QSFP-DD PCCを発売したと発表した。  同社は「112G PAM4 DACサーバ相互接続の限界を打ち破り、800Gデ…
更新

続きを見る